欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

Vulkano flow

2012年10月 8日 (月)

リモコンの遅延

Vulkano flowを外出先から使うにあたっての最大の問題点は、リモコンの遅延です。特にiPhoneの3G回線からだと、Vulkanoでリモコン操作をしてから実際に反応が現れるまでに、10秒くらいかかるのです。これじゃ、過去番組表から番組を選んで再生するのは、かなりつらいです。

各条件でのリモコンの反応時間はだいたいこんな感じです。自宅内であれ、外であれ、無線LANの3,4秒というのが、無理なく使える限界です。

PC 自宅内LAN 1,2秒
iPhone 自宅内無線LAN 3,4秒
iPhone 外出先無線LAN 3,4秒
iPhone 外出先3G 10秒以上

Vulkano flowは、実際のリモコンの信号を記録して、画面上のリモコンの操作に応じて同じ信号を出す(このリモコンの事前設定がすごく面倒です。。。)ことにより、機器の操作を行います。いくら3G回線だからといってもこんなにネットワーク自体が遅延しているはずはないので、原因はおそらくバッファリングだと思われます。通信速度が遅いと最低限の品質で表示するのでも、バッファリングに時間がかかるということなのでしょう。アプリ側の実装の最適化でもう少し何とかなりそうな気がします。今後のアップデートに期待です。それとも、LTEだと無線LAN並になるのかな?

2012年10月 6日 (土)

レグザサーバーのロケフリ化

レグザサーバーで録画した番組をどこからでも見たいので、レグザタブレットの購入も検討していたのですが、あまりにもレグザAppsコネクトのアプリ群がしょぼいので、別の方法で実現することにしました。いわゆるソニーのロケーションフリー方式(テレビに出力している画面をそのまま配信する)で、現在市販されているものでは、Slingboxが有名ですが、余計な機能がついていてちょっと高いので、Vulkano flowという製品を試して見ることにしました。

Img_0459

レグザサーバーには残念ながらD端子やコンポーネント出力端子がないため、ビデオ出力をVulkano flowに入力します。今どきSDのビデオ出力なんて使う人がいるのかと思っていたのですが、意外なところで使うことになりました。

一番気になっていたのは、SDとなってしまうビデオ出力の画質だったのですが、家のLANでPCやiPhoneから見る分には、十分なクオリティです。それでは通信速度の落ちる、外ではどうか?WiFiが使えるところでは、まったく問題ありません。3Gではさすがにだいぶ画質は落ちますが、電波の入りのいいところでは、途中できれることもまずありませんし、私的にはまあ十分許せるレベルです。おそらく500Kbpsくらい出ればiPhoneではそれなりの映像が見れると思います。それよりも問題なのが。。。次回に続く。

最近のつぶやき

無料ブログはココログ