欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

(引退)VAIO type X

2012年1月26日 (木)

RZタグラーの使い心地

VAIO type X時代からの進化点として、ひとつ楽しみにしていたのが、RZタグラーによる再生の効率化です。でも、Androidの最新バージョンのRZタグラーをしばらく使ってみてわかったのは、まだまだだなということと、最初にリリースされてからだいぶ時間がたっているのに、この程度のレベルにしか達していないのかと思うと、今後もあまり期待できないのかなということ。

まず決定的に使えない部分は、一旦録画番組を通常の方法で再生してからしかタグが使えないこと。ただ、RZタグラーにはリモコン機能がついていて、やろうと思えば録画番組の再生もRZタグラーでできるので、少しは使い勝手が改善されるはずなんですが、このリモコン機能もあまり使えないのです。

RZタグラーのリモコンは、本物とほぼ同じ、ボタンがたくさんある画面が表示されるだけなので、テレビの画面を見ながら手元を見ずに操作することができないのです。普通のリモコンであれば、ボタンの凹凸の感覚で、慣れればある程度は見ずに操作できますが、ソフトのリモコンの場合にはそうはいきません。 なので、結局は普通のリモコンを使って再生する番組を選ぶことになります。そして再生が始まったら、PCなりモバイル端末なりに持ち変えて、RZタグラーを起動して、タグの検索を行い、使いたいタグを選択して、ようやくタグが使えるようになります。普通なら再生が開始したらあとは見るだけなので、その後何かをやるというのはすごく面倒で、RZタグラーは使わなくなる、というわけです。

どう考えても、まず見たい番組のタグを選んで、あとはタグから直接番組を再生できる方がいいに決まっています。使いたいタグを見つけること自体は、ランキングなりtwitterなりを使って簡単にできるのですが、そこから直接再生できないのではまったく使えません。

『誰かの「このシーン面白いよ」というtweetを見つけたら、タグへのリンクをクリックすると、RZタグラーが起動して、すぐにその部分を再生できる』

こんなこと思うのは、全録してる人だけなのかもしれません。ただ、目指すべき方向であることは間違いありません。あと、ちょっと機能を追加したら実現できますよね。東芝さん、期待してますよ。

2012年1月18日 (水)

レグザサーバーインプレッション 〜(低)画質編〜

購入前に一番気になっていたのは、低画質がどの程度のレベルなのかということでした。今までTS録画(DR)しかできない環境で、AVCの低レートで録画をしたことがなかったですし、2chの書き込みを見ると、低画質じゃ使用に耐えなくて、中画質以上にしている人が多いようなので、ちょっと心配だったのす。

しかし、私にとっては37インチのテレビ(REGZA Z3500)で見るにはまったく問題のないレベルでした。録画された番組を初めて見た時は、設定を間違えたかと思って、設定を見直した程でした。

全録部分は永久保存をするためのものではなく、通常レコーダー領域に移すのは、あくまでも今は時間がなくてみれないものをあとで見るためです。高画質で永久保存したいのなら、通常レコーダー部で予約録画すればいいだけです。全録で色々見ていて残しておきたいものが突然出てきたときには、多少低画質でもいいでしょう(少なくても私はこれで十分です)。

VAIO type Xでの全録生活の経験からすると、なるべく長い時間帯で最低でも2週間、できれば3週間保持しておきたいところ。現在の設定は、低画質で7:00-28:00の21時間録画なので、24時間で15日ということからすると、17日は保持できそうです。ちなみに、VAIO type Xとは違ってレグザサーバーでは、チャンネル毎に画質や録画時間帯を細かく変えることができません。

2012年1月15日 (日)

全録レグザサーバーがやってきた!

VAIO type Xが壊れて使わなくなってどれくらいたったでしょうか?ブログを確認してみると、2008年末にはほとんど使わなくなっていたようなので、それから3年以上たってようやくVAIO type Xの地デジ対応版というべきものが出てきました。レグザサーバーDBR-M190です。

VAIO type Xと比べてみると、

  • 地上アナログ6ch同時録画→地上デジタル6ch録画
  • 24時間録画の最大保存期間 長時間モード(MPEG2 1.25Mbps)で約5.5日→AVC低画質(3.5Mbps)で約15日間
  • DVD→Blu-ray

ということで、録画時間的にはだいぶスペックアップしているのですが、1つ決定的に退化している部分があります。全録部分に関して、VAIO type Xはネットワーク越しでの再生が可能(しかも番組表から可能)だったのですが、レグザサーバーは一旦通常レコーダー部に保存しないと無理(ファームアップによりレグザタブレットからは可能になる予定らしい)。VPNを使って出張先のホテルからPCで再生なんてことも、VAIO type Xならできたのですが、レグザサーバーはできません。モバイル機器への持ち出しも同じような感じです。

とはいえ、全録の便利さを知っている身としては、これくらいの理由で買わないなんてことにはなりません。タイの洪水の影響か、発売してしばらくはほとんど在庫がなかったのですが、年が明けて手にいれることができました。今回はVAIO type Xの教訓を生かし、長期保証付きで。

M1902

2010年1月10日 (日)

type Xがなくなってみて

すでに昨年末に引越しした際に、VAIO type Xは実家に送り(母に通常のPCとして使ってもらうために)、お別れしました。

その前から、ほとんど使っていなかったので、特に何かが変わったという感じではなかったのですが、なければないですぐに慣れて、特に不便は感じてないです。ただ、やることがないときに無駄な番組を見る時間が少し多くなったような気が。だけど、全体としてはテレビを見る時間は少なくなったと思うので、良かったと思います。

東芝からCell REGZAが出ましたが、24時間しか録画できない上、とてつもなく高いので、あまり興味はありません。とりあえず、しばらくはこのままでいいかな。

2008年9月28日 (日)

type Xにお別れの準備

ソニーの製品の宿命というべきか、2ちゃんとかにも書かれていましたが、VAIO type Xは非常に壊れやすい製品で、私も今まで3回も修理に出して、総修理費は20万を超えてしまっています。今までの故障は、

  • 録画した番組にキーンという高周波のノイズが入る→録画基盤交換
  • 録画した番組が上下にぶれる(回転する?)→録画基盤交換
  • PCがハングする→グラボ交換
  • DVDに書き込めない→DVDドライブ交換

そしてまた複数のチューナでキーンというノイズが入る現象が出始め、1つのチューナでは我慢ならない状況になってきました。また修理に出すことも考えてみましたが、毎年修理というもやってられないので、脱type Xの生活にチャレンジしてみようと思っています。REGZAの録画だけでしばらくやってどんな感じかを試してみてから、type Xを修理に出すかは決めようと思います。

2008年7月27日 (日)

アナログ録画の画質

REGZA Z3500を買うにあたって、というよりかハイビジョン液晶テレビを買うにあたって、一番気になった点は、VAIO type Xで録った番組が、きれいに再生できるかという点でした。それまでは、東芝のD4入力対応のブラウン管テレビを使っていて、アナログ、デジタルハイビジョンとも画質にはとても満足していました。ハイビジョン液晶テレビは、デジタルハイビジョンの映像はもちろんきれいなのはわかっていたので、あとはアナログの映像(正確に言うとアナログ放送をMPEG2で録画したもの)がどの程度汚くなってしまうのかが、type Xで録った番組を見ることが一番多い私にとって、一番重要なことでした。

正直あまり期待していなかったのですが、実際見てみると、実はそれほどブラウン管と遜色ありません。これはちょっと驚きでした。ただ、アナログ映像に限ったことではありませんが、鮮やかさというか発色の良さは、ブラウン管に比べるとやはりだいぶ落ちます。

Analog
(クリックすると拡大画像が表示されます)

まだ、アナログのDVDレコーダを使っている人も多いと思うので、アナログ録画がきれいに見れるかは現時点では重要な要素だと思うのですが、その辺ってどのメーカーもあまり宣伝に力を入れてないですよね。だから、実際にはどうなのかは、使ってみないとよくわからないところなのですが、結果的にはそれほど気にする必要はなかったんですね。もしくは、Z3500が特別優れている?なんてことはないでしょうね。

2008年7月10日 (木)

type X 録画設定(2)

録画設定した時間帯以外の番組を見たい場合はめったにないのですが、ごくまれに休日の昼間の番組をとりたい場合があります。しかも、当日外出先で気づいてあと何時間後に始まってしまうということが、先日ありました。

こんなことは想定していなかったので、そのときはノートPCとインターネット接続環境がありながら、結局その番組を録画することができず、大変悔しい思いをしました。そこで、こんな場合にも対応する方法を考えることにしました。

通常type Xの録画設定はDO VAIOの設定画面で行うのですが、再生のところで書いたXVブラウザでも行うことができます。しかも、こちらの方が設定変更が簡単で、パターン予約だけではなく、1回限りの予約もできるので、上記のような場合にはぴったりです。ただ、なぜかXVブラウザはダイアルアップ接続+VPN接続している場合、ビデオサーバに接続ができないのです(有線/無線LAN+VPN接続の場合は問題なく接続できます。MACアドレスによるアクセス制限で何か引っかかっているような気がします。ただ、ダイアルアップ接続でXVブラウザを使うなんて、明らかに想定外な使い方なのでしょう!)。

なので、外出時にダイアルアップ接続しかできない場合は、しかたがないので、常時ONのPCに一旦リモートアクセスして、そこでXVブラウザを実行するという方法をとることにしました。まあ、めったに使う機会はないので、最低限の方法が確保されているだけで十分ですが。

2008年7月 6日 (日)

type X 録画設定(1)

現在のうちのtype Xの録画設定は以下の通りです。

ビデオサーバA

チューナー1 NHK総合 1.25Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー2 日本テレビ 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー3 TBSテレビ 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土

ビデオサーバB

チューナー1 フジテレビ 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー2 テレビ朝日 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー3 テレビ東京 1.25Mbps 19:00-5:00 日~土

毎日19:00-5:00まで、全チャンネル録っています。過去1週間の番組をとっておけるように、あまり見ないNHKとテレビ東京はビットレートを落としています。この設定で、過去8日間の番組は常に見れます。つまり、日曜日に先々週の土曜日の番組まで見れるということになります。見逃した番組を見ようというのも、これくらいの期間があれば、まず問題ありません。

ビットレートですが、2.5Mbpsは37インチの液晶テレビ(REGZA Z3500)で、ドラマなどを見る分には全く問題の画質、1.25Mbpsではさすがにあらが目立ちます。まあ、なんとか我慢できるレベルです。

デジタルハイビジョン放送は確かにきれいです。見る番組はドラマが多いのですが、ただ、その映像のきれいさを求めて、わざわざ生で見たり、デジタル録画をすることはめったにしません。映画とかスポーツとかはやはり、少しでもきれいな画面で見たいのですが、大抵の番組はそれなりの画質で見れれば、何の問題もありません。よく一度ハイビジョンのきれいな映像を見ると、もうアナログには戻れないということが言われますが、私の場合そんなことはないですね。

2008年7月 5日 (土)

type Xで録った番組を見る方法(3)

またまた前回からの続きです。

3. PC以外のDLNAクライアントから再生する

うちでDLNAクライアント機能をもった機器としては、テレビ(REGZA Z3500)、PS3があります。テレビで見る場合は、1.のtype XのPC部分からDO VAIOを使って見る方法を使っているので、テレビのDLNA機能は今は使ってません。

PS3からの再生はたまに使っています。というのも、PS3はプロジェクタ(LP-Z3)に接続されているからです。録画した番組をプロジェクタの大画面(80インチのスクリーン)で見たい場合は、PS3で再生しています。そんな大画面でMPEG2 2.5Mbpsの映像をまともに見れるのかと思う方もいるかもしれませんが、確かにきれいではありませんが、見れないほどではありません。今は公開が一時中止になっている、最新のPS3のファームウェアでは、DLNAの映像もアップコンバート、フレーム/ブロックノイズリダクションすることができるようになるようなので、もっときれいになるかもしれません。

窓際のハイテーブルの席からプロジェクタで再生された映像を見る、さながらおしゃれなカフェにいる気分です。なんて。

Windowside

2008年7月 3日 (木)

type Xで録った番組を見る方法(2)

前回に引き続きの内容です。

2の「他のPCからXVブラウザを使って再生する」というのは、家にいるときではなく、外出先から見たい場合に使っています。そう、インターネットに接続さえできれば外からでも見ることができるのです。なんて素晴らしいんでしょう。最近はあまり出張などで東京を離れることは少ないのですが、今までに出張先のホテルからも見たことがあります。一番使うのは、実家からですね。うちの父親も実家からたまに見ているようです。あと、やろうと思えば、会社からも見ることができます。

ただ、外から見るためには、当然うちのネットワークに直接接続する必要があります。つまりはVPN接続をしなければなりません。うちではVPN接続するために、PacketiX VPN(旧SoftEther)を使ってます。これを使えば、会社などのセキュリティの厳しいネットワークからでも、うちにVPN接続することができます。

PacketiX VPNを使うと、クライアントはサーバの仮想NICと接続された仮想HUBにつながることになります。このままでは、クライアントはサーバのマシンとは通信できますが、その他のうちのネットワーク内のマシンとはネットワークが違うため、直接は通信することができません。これではtype Xのビデオサーバに接続できないことになるので、サーバの本物のNICと仮想NICをブリッジさせます。これで本物とNICと仮想NICが1つになるので、クライアントがうちのネットワークに直接できるようになります。

Typex02

少し話がそれてしまいました。外から見るときに、実際にコマ落ちなどせずに快適に見れるかが気になるところですが、現在のうちのtype Xの設定では、録画のビットレートは最高でも2.5Mbpsですので、実家や会社などからはまったく問題ありません。さすがに3.6MbpsのEM:ONE(イーモバイル)での接続からでは厳しいのですが、WiMAXや次世代PHSなどが出てきたら、本当にどこからでも見れるようになるのでしょう。最近あまり聞きませんが、まさにこれこそユビキタスですね。

より以前の記事一覧

最近のつぶやき

無料ブログはココログ