欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

REGZA Z3500

2012年2月12日 (日)

HDMI連携機能

今まで対応のレコーダーを持っていなかったので使ったことがなかったのですが、HDMI連携機能って結構便利なんですね。

うちはAVアンプを途中にはさんでテレビに接続しているので、DBR-M190 - RX-V767 - (WTR-HDAV/AによるHDMI無線化) -  REGZA Z3500という構成になっていますが、HDMI連携機能を使うと、電源ON/OFFの連携、入力の自動選択などが可能になります。ただ、設定は接続する各機器で必要ですし、最初はいまいち何ができるのか、何が正しい動きなのかがよくわからなくて、ちゃんと設定できるまでに結構苦労しました。最終的にたどりついた各機器の設定は以下の通りです。

テレビ(REGZA Z3500)

  • HDMI連動機能 使用する
  • 連動機器→テレビ入力 連動する
  • 連動機器→テレビ電源 連動する
  • テレビ→連動機器電源オフ 連動する
  • AVアンプ連動 使用する
  • 優先スピーカー テレビスピーカー

AVアンプ(RX-V767)

  • HDMIコントロール オン
  • コントロール選択 OUT2(TV2) *テレビはOUT2(TV2)に接続されています。
  • ARC オフ *REGZA Z3500はARCに対応していません。
  • TV音声入力 TV2 AUDIO1 *テレビとAVアンプはHDMI以外では接続されていないので、この設定はうちでは意味がありませんが、テレビの電源を入れるとAVアンプの入力がここで選択したものに自動的に切り替わります。
  • 音声出力 TV2 コントロール連動

レコーダー(DBR-M190)

  • レグザリンク・コントローラ 使用する

こう設定することによって、レコーダー(M190)の電源を入れると、テレビ(Z3500)の電源が自動的に入り、テレビとAVアンプ(RX-V767)の入力がレコーダーに切り替わります(AVアンプはスタンバイ状態のままで、レコーダーが接続されているHDMIに入力が切り替わります)。音はテレビから出てきます。ただ、この状態であとからAVアンプの電源を入れると、AVアンプから音声が出力されるようになります。テレビからの音声出力に戻すには、テレビのレグザリンクから戻すか、AVアンプの電源を落とします。

テレビの電源を先に入れた場合は、テレビのレグザリンクでレコーダーを選択すると、レコーダーの電源が入り、テレビとAVアンプの入力がレコーダーに切り替わります(AVアンプはスタンバイのまま)。

テレビの電源を切ると、レコーダーの電源が(AVアンプの電源が入っている場合はAVアンプも)自動的に切れます。AVアンプやレコーダーの電源を切った場合は、単独で落ちるだけです。

電源を入れるときはレコーダーの電源を入れ、電源を落とすときはテレビの電源を落とすということで、操作するものが違うのがちょっと分かりづらいのですが、両方ともレコーダーのリモコンでできるので、それほど問題ではありません。

2012年1月18日 (水)

レグザサーバーインプレッション 〜(低)画質編〜

購入前に一番気になっていたのは、低画質がどの程度のレベルなのかということでした。今までTS録画(DR)しかできない環境で、AVCの低レートで録画をしたことがなかったですし、2chの書き込みを見ると、低画質じゃ使用に耐えなくて、中画質以上にしている人が多いようなので、ちょっと心配だったのす。

しかし、私にとっては37インチのテレビ(REGZA Z3500)で見るにはまったく問題のないレベルでした。録画された番組を初めて見た時は、設定を間違えたかと思って、設定を見直した程でした。

全録部分は永久保存をするためのものではなく、通常レコーダー領域に移すのは、あくまでも今は時間がなくてみれないものをあとで見るためです。高画質で永久保存したいのなら、通常レコーダー部で予約録画すればいいだけです。全録で色々見ていて残しておきたいものが突然出てきたときには、多少低画質でもいいでしょう(少なくても私はこれで十分です)。

VAIO type Xでの全録生活の経験からすると、なるべく長い時間帯で最低でも2週間、できれば3週間保持しておきたいところ。現在の設定は、低画質で7:00-28:00の21時間録画なので、24時間で15日ということからすると、17日は保持できそうです。ちなみに、VAIO type Xとは違ってレグザサーバーでは、チャンネル毎に画質や録画時間帯を細かく変えることができません。

2010年11月21日 (日)

Apple TVが我が家にやってきた!

1万円以下という値段の安さに惹かれて買ってしまいました、新型Apple TV。現在うちのリビングのテレビ(REGZA Z3500)では、Youtubeを見ることができないので、とりあえずそれだけでもできるようになれば、いいかなと思って。息子対策です。あとは、自分的には映画のレンタルかな。720pとはいえ、HD画質の映画が簡単にネットレンタルできるのは魅力的。

ちょっと使ってみての感想。いろいろなレビューにあるように、さくさく動いて快適。REGZA Z3500でもアクトビラは使えるけれど、UIがしょぼいので全然使ってません。iPhoneでよく分かりましたが、UIってほんとに重要。Youtubeはきっとたくさん見ることになるでしょう。

映画のプレビューも見てみましたが、37インチのテレビで見る分には十分な画質。iPhoneから操作できるのもいい。ホームシェアリングでPCに入っているコンテンツを見ることも可能。ただ、Apple IDの切り替えが簡単にできなそうにないのは、ちょっと残念。妻がどれだけホームシェアリングの機能を使いたがるかわかりませんが、自分のiTunesに登録しているビデオを見たいと言うかもしれません。iPhoneに入っているコンテンツをApple TVで出力することはできないようですが、iOS 4.2でできるようになるのかな?

2009年4月 4日 (土)

光デジタルセレクター

前回、REGZAのスピーカーとDHT-M370の差をチェックしたいと書きましたが、REGZAの光デジタル出力からDHT-M370に接続しようとして、初めてDHT-M370の入力端子が足りないことに気付きました。

DHT-M370には光デジタル入力端子が3つありますが、すでにPS3、VAIO type X、単体デジタルテレビチューナーで埋まってました。それじゃと思って、セレクタみたいなものはないかと探したらいくつかありましたが、買ったのはaudio-techicaのAT-SL37 OPT。3000円くらい。

R0010492REGZAと単体デジタルテレビチューナーを接続して、切り替えて使うことにしました。で、当初の目的の音質の差なんですが、少ししか比べてませんが、やはり重低音は圧倒的に違います。ただ通常のテレビ番組を見る分には、REGZAのスピーカーで十分です。別にあえてひと手間かけて、DHT-M370の電源を入れるかどうかといえばNo。HDMIリンクのような連携機能が使えれば、日常的に使うかもしれませんが。

2009年2月 1日 (日)

Rec-POTの意外な使い方

REGZA Z3500では、録画先として、USBか、LANか、i-Linkかを選ぶことができますが、うちでは現在のところ、LANとi-Linkを使っています。

LANはCG-NSC2100GT上に、主にドラマなど一度しか見ないものを録画しています。i-LinkはRec-POTを接続して、映画などとっておきたいものを録画しています。Rec-POTに録画しておけば、将来的にBlu-rayレコーダなどの別の機器を買った際に、ムーブができます。残念ながらZ3500でUSBやLANに録画したものは、ムーブすることができません。

実はもうひとつ、i-Linkで録画するといいことがあります。Rec-POTは2系統i-Linkの端子があり、ひとつはREGZAに、もう一方は単体デジタルチューナーに接続しています。そしてこのチューナーはプロジェクタ(LP-Z3)に接続されています。このような構成で、REGZAでRec-POTに録画すると、再生時にはREGZAとプロジェクタの両方に出力することができるのです。つまり、REGZAで録ってプロジェクタで再生することができるのです。

まあ、普通にBlu-rayレコーダなどで録画していれば、出力先が選べるというのは当り前のことですが、テレビ側の機能で録画したものを別の機器に出力できると考えると、何かすごい気がしませんか?実はテレビ側で録画といっても、テレビは単にRec-POTにストリームを流すだけで、実際に録っているのはRec-POTなので、Blu-rayレコーダの場合と何の違いもないのですが。単にテレビ側の番組欄から直接予約ができるだけです(これもHDMIリンクの機能を使って、普通に実現できていることかもしれない。。。)。

2008年9月28日 (日)

type Xにお別れの準備

ソニーの製品の宿命というべきか、2ちゃんとかにも書かれていましたが、VAIO type Xは非常に壊れやすい製品で、私も今まで3回も修理に出して、総修理費は20万を超えてしまっています。今までの故障は、

  • 録画した番組にキーンという高周波のノイズが入る→録画基盤交換
  • 録画した番組が上下にぶれる(回転する?)→録画基盤交換
  • PCがハングする→グラボ交換
  • DVDに書き込めない→DVDドライブ交換

そしてまた複数のチューナでキーンというノイズが入る現象が出始め、1つのチューナでは我慢ならない状況になってきました。また修理に出すことも考えてみましたが、毎年修理というもやってられないので、脱type Xの生活にチャレンジしてみようと思っています。REGZAの録画だけでしばらくやってどんな感じかを試してみてから、type Xを修理に出すかは決めようと思います。

2008年9月20日 (土)

CG-NSC2100GTのDLNA

coregaのCG-NSC2100GTのDLNAサーバ機能ですが、うちでは問題なく使えています。うちにはDLNAクライアントとしては、PS3、REGZA Z3500があるのですが、両方ともCG-NSC2100GTとの組み合わせで、再生できるファイルは以下の通りとなっています。

  • MPEG2 (.mpg) ○
  • WMV ○
  • DivX (.avi) ×ファイルは認識されるが再生不可
  • MPEG4 H.264 (.mp4) ×ファイルが認識されない

私のビデオコレクションは、ほとんどが自分が録ったビデオをMPEG2にしたものなので、今のところは問題ありませんが、今後はH.264のハイビジョン映像も溜め込むかもしれませんので、そのときまでにはmp4ファイルも再生できるようになればいいですね(REGZA Z3500では絶対無理ですが)。ちなみに、DLNAの仕様だとサポートが必須になっているのは、MPEG2だけなんですね。

あと、ファイル一覧がアップデートされるのが遅いですね。ファイルを置いてもすぐにはクライアントから認識されないのです。CG-NSC2100GT側でDLNAサービスの再起動をすれば更新されるようですが、そのままだとだいぶ経たないとファイルが見えてきません(どれくらいかは計っていませんが、少なくともファイルを置いた次の日には認識されてます)。

2008年7月27日 (日)

アナログ録画の画質

REGZA Z3500を買うにあたって、というよりかハイビジョン液晶テレビを買うにあたって、一番気になった点は、VAIO type Xで録った番組が、きれいに再生できるかという点でした。それまでは、東芝のD4入力対応のブラウン管テレビを使っていて、アナログ、デジタルハイビジョンとも画質にはとても満足していました。ハイビジョン液晶テレビは、デジタルハイビジョンの映像はもちろんきれいなのはわかっていたので、あとはアナログの映像(正確に言うとアナログ放送をMPEG2で録画したもの)がどの程度汚くなってしまうのかが、type Xで録った番組を見ることが一番多い私にとって、一番重要なことでした。

正直あまり期待していなかったのですが、実際見てみると、実はそれほどブラウン管と遜色ありません。これはちょっと驚きでした。ただ、アナログ映像に限ったことではありませんが、鮮やかさというか発色の良さは、ブラウン管に比べるとやはりだいぶ落ちます。

Analog
(クリックすると拡大画像が表示されます)

まだ、アナログのDVDレコーダを使っている人も多いと思うので、アナログ録画がきれいに見れるかは現時点では重要な要素だと思うのですが、その辺ってどのメーカーもあまり宣伝に力を入れてないですよね。だから、実際にはどうなのかは、使ってみないとよくわからないところなのですが、結果的にはそれほど気にする必要はなかったんですね。もしくは、Z3500が特別優れている?なんてことはないでしょうね。

2008年7月 6日 (日)

type X 録画設定(1)

現在のうちのtype Xの録画設定は以下の通りです。

ビデオサーバA

チューナー1 NHK総合 1.25Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー2 日本テレビ 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー3 TBSテレビ 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土

ビデオサーバB

チューナー1 フジテレビ 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー2 テレビ朝日 2.5Mbps 19:00-5:00 日~土
チューナー3 テレビ東京 1.25Mbps 19:00-5:00 日~土

毎日19:00-5:00まで、全チャンネル録っています。過去1週間の番組をとっておけるように、あまり見ないNHKとテレビ東京はビットレートを落としています。この設定で、過去8日間の番組は常に見れます。つまり、日曜日に先々週の土曜日の番組まで見れるということになります。見逃した番組を見ようというのも、これくらいの期間があれば、まず問題ありません。

ビットレートですが、2.5Mbpsは37インチの液晶テレビ(REGZA Z3500)で、ドラマなどを見る分には全く問題の画質、1.25Mbpsではさすがにあらが目立ちます。まあ、なんとか我慢できるレベルです。

デジタルハイビジョン放送は確かにきれいです。見る番組はドラマが多いのですが、ただ、その映像のきれいさを求めて、わざわざ生で見たり、デジタル録画をすることはめったにしません。映画とかスポーツとかはやはり、少しでもきれいな画面で見たいのですが、大抵の番組はそれなりの画質で見れれば、何の問題もありません。よく一度ハイビジョンのきれいな映像を見ると、もうアナログには戻れないということが言われますが、私の場合そんなことはないですね。

2008年7月 2日 (水)

type Xで録った番組を見る方法(1)

type Xで録った番組を見る方法は、いくつかあります。

1. type XのPC部分からDO VAIOを使って再生する
これが基本の方法。DO VAIOにタイムマシンというビューが追加されており、過去の番組表から再生することができます。

2. 他のPCからXVブラウザを使って再生する
XVブラウザという専用アプリケーションを使います。これも過去の番組表から再生する形です。XVブラウザは、SONY製以外のPCにもインストールすることができます。

3. PC以外のDLNAクライアントから再生する
type XのHDDレコーダーは、DLNAサーバ機能を持っています。DLNAクライアント機能を持った機器から再生することができます。

うちの場合、基本的に1の方法を使っています。理由は、VAIO専用リモコンから操作できて、使いやすいから。
type XのPC部分は普通のPCなので、通常プライマリディスプレイとしては、パソコン用のモニタを使用します(DVI接続)。それに加えD4出力端子を備えており、こちらはテレビに接続し、DO VAIOの画面はこちらに出力するようにし、テレビで録った番組を見ることができます。

Typex01
(妻のブログのまねして、手書きのイラストを入れてみました。誤字はご容赦を。タブレットが少し欲しくなりました。)

以前は、うちもそういう接続をしていたのですが、今はプライマリディスプレイ出力もHDMI変換アダプタを使ってテレビと接続し、D4出力もテレビにつないだままにしています。プライマリディスプレイをテレビに接続しているのであれば、D4接続する必要はもうないという話もありますが、アナログ放送を低ビットレートで録画した番組をみるのに、デジタル接続のHDMIより、アナログ接続のD4の方が、なんとなくフォーカスが甘くなり、滑らかになってきれいに見えるかなと思い、こうしてます(実際に見比べてみたわけでないのですが)。

余談ですが、テレビは東芝のREGZA Z3500を使っていますが、パソコンのディスプレイとしても十分に使えます。これについては、REGZAの話のところで別途書きたいと思います。

最近のつぶやき

無料ブログはココログ