欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

(引退)LP-Z3

2010年5月 3日 (月)

DLA-HD1購入

少し前の話になりますが、ついにフルハイビジョンのプロジェクタを買いました。ソニーのHW10/15とか三菱のHC3800とか色々と検討しましたが、少し前のモデルになりますが、中古のDLA-HD1がお買い得な値段で出ていたので、ビクターのD-ILAを一度体験してみたくて、購入しました。

決め手はやはり、沈む黒とネイティブコントラスト。画質はどれだけ黒が沈むかで決まるのです(らしい)。あと、3D対応を待つというのは、アバターを観てまだまだ3Dは必要ないと判断しました(大したものじゃないのに、みんな騒ぎすぎなのでは)。

Dlahd1 しばらく使ってみての感想ですが、肝心の黒の沈み具合ですが、まず何も表示されていない状態で、完全に真っ暗ではないことがすぐにわかり、ちょっとがっかり。ただ、ちゃんとした映画館でもこれは同じなので、明るいところと比べて、どれだけ暗くなるかがきっとポイントなのでしょう(要はコントラスト)。

もちろん画質は前のLP-Z3に比べたら、ものすごくきれいになりました。フルハイビジョンになったことによる解像度のアップもさることながら、明るさはスペック的にはDLA-HD1の方が低いにも関わらず、実際の映像は明らかにDLA-HD1の方が明るい。これも高コントラストのおかげでしょうか?

ただ、きれいになったことによって、どれだけ感動が増したかっていうと、それは期待していたほどじゃなかったかな。あくまでもよく考えないでの発言ですが、私の感覚では、画面の大きさ(テレビかプロジェクタか)>SD(DVD)かHD(Blu-ray)か>720か1080かの順ですかね、感動の増す大きさ的には。

ちなみに、LP-Z3はヤフオクで売却しました。5年間ありがとう。そして、DLA-HD1さん、これからよろしく。

2009年2月 1日 (日)

Rec-POTの意外な使い方

REGZA Z3500では、録画先として、USBか、LANか、i-Linkかを選ぶことができますが、うちでは現在のところ、LANとi-Linkを使っています。

LANはCG-NSC2100GT上に、主にドラマなど一度しか見ないものを録画しています。i-LinkはRec-POTを接続して、映画などとっておきたいものを録画しています。Rec-POTに録画しておけば、将来的にBlu-rayレコーダなどの別の機器を買った際に、ムーブができます。残念ながらZ3500でUSBやLANに録画したものは、ムーブすることができません。

実はもうひとつ、i-Linkで録画するといいことがあります。Rec-POTは2系統i-Linkの端子があり、ひとつはREGZAに、もう一方は単体デジタルチューナーに接続しています。そしてこのチューナーはプロジェクタ(LP-Z3)に接続されています。このような構成で、REGZAでRec-POTに録画すると、再生時にはREGZAとプロジェクタの両方に出力することができるのです。つまり、REGZAで録ってプロジェクタで再生することができるのです。

まあ、普通にBlu-rayレコーダなどで録画していれば、出力先が選べるというのは当り前のことですが、テレビ側の機能で録画したものを別の機器に出力できると考えると、何かすごい気がしませんか?実はテレビ側で録画といっても、テレビは単にRec-POTにストリームを流すだけで、実際に録っているのはRec-POTなので、Blu-rayレコーダの場合と何の違いもないのですが。単にテレビ側の番組欄から直接予約ができるだけです(これもHDMIリンクの機能を使って、普通に実現できていることかもしれない。。。)。

2008年8月 3日 (日)

大画面でテレビ(ライブ視聴)

プロジェクタの大画面で、テレビを(録画したものではなくライブで)見たいとニーズはけっこうあると思うのですが、普通のデジタルハイビジョンテレビには、ハイビジョンに対応した出力端子がないため、通常プロジェクタではテレビを見ることができません。

REGZA Z3500を買う前は、ブラウン管テレビ+単体デジタルテレビチューナーでデジタル放送を見ていたので、うちにはSHARPのTU-HD100(パナソニックのTU-MHD100のOEM)というチューナーがあります。このチューナーのD4出力をプロジェクトに接続することによって、うちではライブ放送もプロジェクタの大画面で見れてます。最近は安価な単体チューナーも出てきていますが、案外プロジェクタユーザにも売れているのかもしれませんね。

あと、うちではこのチューナーを意外な使い方をしています。これについては、また後で書きたいと思います。

2008年7月29日 (火)

大画面でPS3

LP-Z3を買ってもう3年くらい経つのですが、今の家に引っ越して以来、がぜん使用頻度が上がってきています。というのも、うちのPS3は今、プロジェクトにしか接続されていないからです。LP-Z3とPS3は8mのHDMIケーブルで接続しています。

ゲームをやるときは、必ず80インチの大画面。やはり迫力が違います。液晶テレビやプロジェクタではよく画面の遅延のことが話題になりますが、普通のアクションゲームをしている限りは、確かにちょっと遅れているのかなという感じはありますが、プレーに支障が出ることはありません。

Ryuugagotoku
(クリックすると拡大画像が表示されます)

あと、もちろんPS3はBlu-ray/DVDプレーヤも兼ねているので、Blu-ray/DVDで映画を見るときも当然プロジェクタを使ってます。ただ最近あまり家で映画見てないです。せっかく引っ越して好きなときにプロジェクタを使えるようになったのに。TSUTAYAでBlu-rayのレンタルも始まることですし、これからはもっと映画を見ようと思います。

2008年7月 5日 (土)

type Xで録った番組を見る方法(3)

またまた前回からの続きです。

3. PC以外のDLNAクライアントから再生する

うちでDLNAクライアント機能をもった機器としては、テレビ(REGZA Z3500)、PS3があります。テレビで見る場合は、1.のtype XのPC部分からDO VAIOを使って見る方法を使っているので、テレビのDLNA機能は今は使ってません。

PS3からの再生はたまに使っています。というのも、PS3はプロジェクタ(LP-Z3)に接続されているからです。録画した番組をプロジェクタの大画面(80インチのスクリーン)で見たい場合は、PS3で再生しています。そんな大画面でMPEG2 2.5Mbpsの映像をまともに見れるのかと思う方もいるかもしれませんが、確かにきれいではありませんが、見れないほどではありません。今は公開が一時中止になっている、最新のPS3のファームウェアでは、DLNAの映像もアップコンバート、フレーム/ブロックノイズリダクションすることができるようになるようなので、もっときれいになるかもしれません。

窓際のハイテーブルの席からプロジェクタで再生された映像を見る、さながらおしゃれなカフェにいる気分です。なんて。

Windowside

最近のつぶやき

無料ブログはココログ