欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

CECH-ZED1J

2012年4月25日 (水)

PCモニターとして使ってみる

あまり3Dディスプレイとして使えていないCECH-ZED1Jですが、自宅で仕事をする時に、PCの外部ディスプレイとして最近よく使っています。会社のノートPCにはHDMI端子はありませんが、DisplayPort(ディスプレイポート)はあります。DisplayPortって、今までよく知らなかったのですが、DVIに代わる新たなデジタルインターフェイスです。HDMI変換アダプターを使えば、HDMI対応機器に接続することが可能です。

今回は下記を購入しCECH-ZED1Jと接続してみました。感想としては、色がとても鮮やかだということ。細かい字も読みやすいです。実はCECH-ZED1Jって基本性能はそこそこいいってことかしら。

2012年1月 9日 (月)

PS3 3Dディスプレイのクロストーク

今まで3Dディスプレイを持っていなかったので、知識レベルでは知っていたけど、どうしてあんなに話題になるかよくわかっていなかった、クロストーク。3D映像を見るようになって、よーくわかりました。 初日にみんなのゴルフをやった時には、クロストークに注意して見ていないこともあって、まったく気にならなかったのですが、次の日またやった時には思いっきり映像が2重(正確には左右両方にずれて見えるので3重)に見えるではないですか。ちょっと気になるというレベルではなく、ばっちり見えてます。

なんかおかしくなったかと思って、再起動してみても結果は同じ。しようがないので、そのままの状態でプレーを続行していたら、そのうちほとんど気にならないレベルにまでクロストークが減りました。どうやらこのPS3 3Dディスプレイ(CECH-ZED1J)は暖まる?まではクロストークがひどい、ということのようです。液晶の応答速度は温度が低いと遅くなるという特性があるようで、寒いこの季節、本当に動作が鈍くなっているのかもしれません。他の3D対応テレビとかはどうなんでしょうかね?

あと、しばらくしても完全にはクロストークはなくならないようで、HMZ-T1の3D映像はほんとにクロストークフリーで素晴らしかったんだな(店頭で何度か試聴しただけですが)、というのが今更ながらわかりました。また、この機種にはたまに突然画面が数秒間ブラックアウトするという不具合もあり、ちょっとがっかりな感じです。

2011年12月12日 (月)

箱庭3D環境完成

箱庭3D環境構築にあたって、最大のポイントだった3Dディスプレイの選定ですが、結局PS3の3DディスプレイCECH-ZED1Jにしました。

本当はHMD-T1が欲しかったんですが、年内の購入は難しそうなことと、ヘッドホンを外して装着が可能かが不明だったため、あきらめました。偏向式は上下の視野角がかなりシビアなのが、長時間の映画鑑賞に向かないと判断しパス。

ということで、CECH-ZED1JとPS3、復活させたDHT-M370、そして自作スピーカースタンドで箱庭3D環境があっという間に完成。スピーカーは約1mの同心円状に配置。当初の目的は忘れ、まずは3D映像に興味がいってしまい、PSNで元気ロケッツのミュージックビデオを購入。まあ、こんなもんでしょ。ある意味期待を裏切らない「まあ別に。。。」レベル。

次に試したのが、手持ちのゲームで唯一3D対応していた「みんなのゴルフ5」。こちらは期待を裏切って、かなりの好印象。遠近感がとてもリアルになり、久しぶりにプレーしたにもかかわらず、ベストスコアを更新。やはりCGには相性がいいのか。でも、デモ版をダウンロードした「WipEout HD」は、これまた「まあ別に。。。」レベル。

という感じで、まだ3Dについてはよくわからないので、とりあえずいろんなコンテンツをもっと見てみようという感じです。

最近のつぶやき

無料ブログはココログ