欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

ホームシアター全般

2013年5月 2日 (木)

スピーカーは設置場所がすべて!?

またまた久しぶりの更新です。

毎年この季節は、五月人形をリビングに飾るため、スクリーンは下ろせないし、フロントスピーカーも移動しなければならないので、ホームシアターは閉店状態になります。ただ今年は、ちょうどいい機会なので、スピーカーの設定位置によって、音がどう変わるかのテストを行ってみました。

スピーカーはなるべく壁から離した方がいいと言われますが、現状は様々な制約から、フロントスピーカーは出窓に設置していて、後ろにガラス窓がすぐ近くにあったり、壁も近くてあまりいい設置場所とは言えません。そのせいかわかりませんが、今まであまり音場の奥行き感を感じたことがありませんでした(センターへの定位はビシッと決まっているのですが)。

そこで、今回はスピーカーをダイニングテーブルの両端に置いてみて、どう変わるかを確認してみました。

Img_6639

アンプやプレーヤーも違うので厳密な比較にはなっていませんが、まず一聴してすぐにわかったのが、細かな音がよく聞こえるようになったこと。いわゆるS/N比が上がったようなと表現されるやつです。余計な(質の悪い?)反射音が減ったからでしょうか?

そして、期待していた奥行き感も明確に感じられるようになりました。最初は目を閉じて聴いていたのと、ソースがクラシックではなかったので、よくわからなかったのですが、クラシックをかけ、目を開けてみると、明らかにスピーカーのかなり後方から音がなっているように感じられます。スピーカーの間隔が狭いので、あまり広大な音場にはなっていませんが、ちょっと距離を置いたところに小さなオーケストラが広がっていて、各楽器の位置がかなり明確にわかります。これはちょっと感動ものです。

ただやっぱり目を閉じて聴いてみると、急に奥行き感が曖昧になります。ということは、やはり視覚が大きな影響を及ぼしていると言うことなのでしょう。そう考えると、今まで聴いていた音も実は音自体はそれほど変わりはなかったけど、目の前の壁に視覚的に引っ張られて、あまり奥行きを感じることができなかったのではないかとも思えてきました。目を閉じたときのこの音の聞こえ方をちゃんと記憶しておいて(かなり自信がないですが)、元に戻したら確認したいと思います。

ただどちらにせよ、ちょっとスピーカーを置いてケーブルを接続する手間だけなら、まじめに音楽を聴くときは毎回こうしてもいいのかなと思いました。

2012年11月 1日 (木)

周波数特性の測定 その1

雑誌で読んだ記事がきっかけで、ここしばらくルームアコースティックチューニングについて色々と調べてました。それでわかったのが、まずは部屋の周波数特性と残響時間を整えるのが重要ということで、まずは現状の部屋の周波数特性を測定してみることにしました。

測定に使用するのは以下の機器

  • 古いノートPC(Windows XP)
    このブログに書いていませんでしたが、数ヶ月前にPCオーディオをするためにリビングに設置しました。USB-DACのHUD-mx1を接続し、AVアンプにアナログ入力しています。ASIO4ALLをインストールして、foobar2000からASIOで鳴らしています。foobar2000にはupnpプラグインを入れて、普段はDLNAレンダラーとしてもっぱら利用しています。
  • RX-V767の測定用マイク
    測定用のマイクは持っていませんので、とりあえずAVアンプの測定用マイクを使ってみます。ノートPCのマイク入力に接続します。
  • Frieve Audio M-Class
    このソフトを使って、まずは周波数特性を測定してみます。このソフトを選んだ理由は、測定結果をもとに周波数特性をフラットに補正する機能があるためです。

前準備として、AVアンプの方でのイコライザーはOFFにしておきます。サブウーファーは使いたいので、DSPはStraightに設定します。で、早速測定結果です。

L

これはLの結果ですが、Rもほぼ同じような感じでした。低域の暴れは予想の範囲内でしたが、2kHz以降の落ち込みはさすがにちょっとこの結果はおかしいんではないかというレベルです。AVアンプの測定用マイクが怪しいんで、ちゃんとしたマイクを買って、もう一度やってみます。

一応、この結果をもとにフラットに補正をしてみて、音楽を聴いてみましたが、高域だけが強調された擦れた音で、とても聴けたものではありませんでした。

2012年9月 2日 (日)

マルチchにおけるファントム

HiVi Castを使って、スピーカーの調整をしているときに気づいたこと。フロントスピーカーとサラウンドスピーカーから同じ音量の音が出て、真ん中に音が定位するかを確認するテストがあるのですが、これって顔をそちらの方向に向けることを前提にしているんです。

でも、これっておかしいですよね。音楽を聞いていても、映画などの映像を見ていても、基本的にはずっと前を向いてますよね。実際、前を向いているときと横を向いているときでは、先のテストの音の聞こえ方は全然違うのです。横を向いているときは、ちゃんとフロントとサラウンドの中間に定位しているように聞こえるのですが、前を向いているときだと、だいぶ前方の方から音が聞こえるのです。特に、スピーカー距離の長いメインシステムより、距離の短いサブシステム(箱庭3D環境)の方が顕著にそのように聞こえます。たぶんこれは前を向いているときは、前方からの音の方がよく聞こえるためです。もし前を向いたままで、それなりに横から聞こえるようにするには、サラウンドの音量をだいぶ上げなければいけません。

これってちょっと考えれば、当たり前のことなのでしょうが、今まで単純にフロントとサラウンド間でも同じ音量にすれば、フロント間と同じようにファントムで中央に音を定位させられると思っていたのですが、あくまでも顔をそちらの方向に向けている場合のみなんですね。そう考えると、5.1chでは前から後ろに音を移動させるのはけっこう難しくて、やっぱり物理的に横にもスピーカーがないとだめなんじゃないかと。

まあ、もちろんこんなことはわかった上で、ちゃんとマルチchのソフトの音量はデザインされているんだとは思いますが、やっぱり私の感覚だとサラウンドの音量をフロントより上げた方が、音の前後のつながりはたいていよくなるように思えます。なんかそう思うと、サラウンドスピーカーをもっとましなものにしたいとまた思ってしまうのでした。。。

2012年7月 5日 (木)

サラウンドスピーカーの移動

記事の順番が前後してしまいましたが、フロントスピーカーの前に、サラウンドスピーカーの位置を変えてました。

サラウンドスピーカーは天吊りしている関係上、設置できる場所が限られており、間隔を広げる、というよりかなるべく同心円上に近づけ、角度も110度に近づけるとなると、またいきなりAfterの写真になってしまいますが、この斜めの梁のところしかありません。(ちなみにBeforeは写真の左からちょうどはみ出たくらいのところでした。)

Img_0411

そもそも広げようと思ったのは、前後や斜めに移動する音がうまく表現できていなかったからなので、移動後もう一度Super HiVi Castで確認してみると、残念なことに改善したようにはほとんど感じられません。じゃあ、何でだろうということで、Superじゃない方のDVD版のHivi Castも中古で購入し、フロントとサラウンドのつながりを確認してみました。(こっちの方には音像の定位を確認するための音声が入っています。何でSuperの方は省いてしまったんでしょうか?結果的には私にとって一番必要だったのはこれだったのに。)

確かにフロントとサラウンドのスピーカーの間では、定位が曖昧で、どこから音が鳴っているのか、はっきりと分からない状態です。前後がつながらないというのはこういうことなのね。そうなると、がぜんソニーのAPMやスピーカーリロケーションが気になってしようがないのですが、それよりも先にやることとしては、サラウンドスピーカーの強化でしょうか?今はあまりにもアンバランスなので。

Img_0412

まあ、見ため的にもこれらのスピーカーがつながるようには思えませんよね。

2012年4月18日 (水)

命名「リーズナブルリビングシアター」

Super HiVi Castを使ってのサラウンドテストの結果を受けて、がんばってサラウンドスピーカーの配置を変更しました。本当は、左右対象にしたかったのですが、部屋の構造上の理由で断念(左サラウンドの位置に天井の下地がなかった)。最終的にはこんな感じになりました。あと、サラウンドバックがちょっと近いですが、だいぶ理想的な配置に近づきました。

Img_5384 Img_5381 Img_5386

この家に引っ越ししてから、フルHDプロジェクタの購入を皮切りに、ちょこちょことシステムを変更しながらここまでやってきましたが、一応これでようやく目指していた最低限のホームシアターが完成したと、最近感じられるようになってきました(ほんとはサブウーファーを変えたいのですが、狙っているものが生産完了になってしまったので、オークション待ち状態)。そこで、某AV雑誌の評論家の方々のように、自分のホームシアターに名前をつけることにしました。

ずばり「リーズナブルリビングシアター」です。コストパフォーマンスの高いエントリレベルの機器や中古品をうまく使い、リビングに溶け込んだ、実用性の高いホームシアターがコンセプトです。なかなか完成しないプロフィールのシステム紹介のページを、これを機に書きあげようと思っています。

もちろん、これでようやく「リーズナブルリビングシアター」バージョン1.0になっただけなので、これからも拡張は加えていきます。

2012年1月 9日 (月)

AVラックのレイアウト変更

新年1発目のシステム変更は、AVラックのレイアウト変更。無線HDMIを導入しディスプレイを撤去して以来、デッドスペースが生じていたので、それをなくすとともに将来機器が増えたときのためのスペースを作りました。ホームエレクタで組んでいるので、レイアウト変更は簡単。しかも、今回は余っていたシェルフを使ったので、費用は一切かかっていません。

Avrack_20120108

これで、あとプリメインアンプ、Blu-rayレコーダー、プラスもう一台の機器のスペースが確保できました(今は一時物置き場になってしまっていますが)。レグザサーバーがもうすぐ来る予定です。

2011年11月14日 (月)

スピーカースタンドを自作

箱庭3D環境ですが、もうひとつ用意しなければならないものがあります。それは、スピーカースタンドです。フロントスピーカーはテーブルに乗せるのですが、理想的な配置にするには、サラウンドスピーカー用にテーブルと同じ高さのスピーカースタンドを用意する必要があります。ただ、そんなに本格的なものは必要なく、重要なのは同じ高さをということなので、自作してみることにしました。

ネットで、板と角材を注文。板と角材を木工用ボンドで貼り合わせて、あっという間に完成。後で時間がある時に塗装にも挑戦してみたいと思います。

Img_0295

2011年4月24日 (日)

スピーカーケーブル&ケーブルモールの交換

次に、スピーカー周りの話に移りましょう。

このお話のゴールは、フロントプレゼンススピーカーの追加なのですが、そのためにまずは、スピーカーケーブルの追加配線をしなければなりません。現在AVアンプはリア側に置いていて、フロント側へはリビングの真ん中あたりに通っている梁にケーブルモールを敷設して、そこにスピーカーケーブル3本(フロント×2、センター)を通しています。ここに2本追加しなければいけないのですが、これを機にスピーカーケーブルを少しいいものにしてみました。

今まで使っていたのは、ヨドバシで買った富士パーツのFVC-SP337という10m1000円くらいのやつ。で、今回選んだのは、Belden 8470。ネットでいろいろと調べて、お手頃な値段で評価が高かったのこれにしました。

これを3本買って、フロントとセンター用に使い、もとの富士パーツのケーブルはフロントプレゼンス用に回しました。比べてみるとだいぶ太さが違います。さすがに今までのはちょっと細すぎたかな。

あと、ついでにケーブルモールも敷設し直しました。今まで使っていたモールは白すぎて壁の色とあまり合ってなくて、ちょっと目立ってしまっていました。今回は買ったのは以下の壁紙タイプのものです。

ちょっと配線には苦労しました。十分な幅のモールを買ったつもりだったのですが、このBeldenのケーブルはよられていることもあって、予想以上に幅をとるのと、重さもそれなりにあるので、モールの中にすべてのケーブルを収めるのにとても苦労しました。最終的にはスピーカーケーブルとLANケーブル1本を通したのですが、もうこれ以上は無理ですね。仕上がりには結構満足です。

Img_4007

スピーカーケーブルを交換して、音がよくなったかということですが。。。
よくわかりません。少なくとも激変ということはありませんでした。つなぎ換えて比べてみれば、違いはわかるのかもしれませんが、そこまでやる気もないので。。。

スピーカーケーブルは、いろんなアクセサリの中でも、もっとも変化が出るところかなとは思っていたのですが。。。

2010年8月22日 (日)

サラウンドスピーカーを白くする

前からちょっと気になっていたことですが、リビングにホームシアターを構築している人って多いと思いますが、リビングの壁の色といえば、白系統が定番です。にもかかわらず、白のスピーカーってほとんどない。お手頃なものがあれば買おうかなとも思っていたのですが、見つからなかったので、今サラウンドスピーカーとして使っているDHT-M370付属のグレー(シルバー?)のスピーカーをリビングの壁に合わせて白くすることにしました。

やりかたは簡単。リビングと同じ壁紙をスピーカーに貼るだけ。サイズを測ってカットし、両面テープで貼りつけました。こんな感じになりました。

Speaker1

前面のサランネットがかなり浮いているようにも見えますが。。。ただ、前より悪くなったというわけではないので、このままでいきます。

2010年5月 5日 (水)

AVアンプに求める機能

このGW中にあわよくば買ってしまおうと思っていましたが、結局買えませんでした、AVアンプ。ただ色々と検討したので、欲しい機能が明確になりました。

  1. HDオーディオのデコード(必須)
    これは、最近のAVアンプなら当たり前ですよね。そもそもAVアンプが欲しいと思ったのはHDオーディオ環境にしたいということだったので、これは当然必須です。
  2. 自動音場調整機能(必須)
    細かいことはよくわからないので、どんなスピーカーでも自動で調整してくれるこの機能は欲しいです。スピーカーがどこにあるかわからなくなるようなサラウンド感を求めていますので。ポイントとしては、HDオーディオ入力のときでも効くのかどうか。
  3. 7.1ch対応(必須)
    普通の7.1chにはあまり興味はなかったのですが、フロントハイスピーカーを使った7.1chというのがあり、これにより高さの表現が加わるというのを知って、がぜんこの機能が欲しくなりました。Dolby Pro Logic IIz対応かYAMAHAならCinema3Dモード対応機種。こちらに関しても、HDオーディオ入力のときでも効くのかどうかは要確認です。
  4. DLNA対応(できれば)
    これも最初は別にこんな機能と思っていましたが、せっかくAVアンプを買うのなら、リビングで、所有しているすべての曲を簡単に聞けるようにしたい、と思うようになりました。DLNAサーバはすでにあるので、あとはAVアンプにクライアントの機能があればいいだけです(といいながら、サーバ側で色々とやらなければならないことがあるのですが。。。)。ただこの機能を使う場合は、うちの環境ではD端子付きのテレビorモニタを別途買う費用があります(現在のところプロジェクトにしか出力は予定していないため、選曲のためにプロジェクタをつけるなんてやってられない)。HDMI出力とD端子出力を簡単に切り替えられるやつがいいです(ONKYOのものには本体にボタンがあるみたい)。
  5. FMラジオ(できれば)
    スペース的にラジオチューナーをなくすことができればうれしいです。
  6. 3D対応(別になくても)
    まだ、3D対応のプロジェクタはほとんどないし、しばらくは買うつもりもないので、必要ないのですが、将来を見越してあるにこしたことはありません。

ポイントは3ですね。DLNAは各社ともミドルクラス以上にしかついていないので、値段が結構上がってしまいます。ONKYOにしろ、YAMAHAにしろまだミドルクラス以上の今年のモデルが発表になっていないので、それを待って最終決定したいと思います。現状での第一候補は、ONKYOのTX-NA807。新機種が発表されて、在庫処分価格になったときを狙います。

より以前の記事一覧

最近のつぶやき

無料ブログはココログ