欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

(引退)BDP-320

2012年3月 5日 (月)

レグザサーバーインプレッション 〜Blu-rayプレーヤー編〜

全然買うまでは期待していなかったのですが、REGZAと言えば「超解像」。テレビもREGZAなのですが、古いやつなので超解像は搭載してません。レグザサーバーの売りの1つに、REGZA X3などと組み合わせると有効になる「レグザコンビネーション高画質」がありますが、レグザサーバー単体でも、「レゾリューションプラス6」を搭載しているので、Blu-rayプレーヤーとしても十分に使えるのではないかと思ったのです。

そもそも「超解像」は、完全なFull HDではない地デジの解像度を高めるためだったもののようですが、今では色々と進化して1980x1080のFull HDに対しても効果があるようなのです。今まで知らなかったのですが、Blu-rayってすべてのピクセルに対して完全な情報を保持しているのではなく、4:2:0というフォーマットで、輝度以外の色合いの情報は1/4しか持っていないのです。それを元の情報の復元する「色超解像」や、前後のフレームを参照して超解像を行う「3次元フレーム超解像」などが、Blu-rayにも効くらしいのです。

ということで、かなり期待してBlu-rayの映像をよーく見てみたのですが、はっきり言ってBDP-320との違いがほとんどわかりませんでした。一時停止して近くに寄って、細かいところを見比べれば違いはあるのでしょうが、普通に動画として見ている分には、全体的にシャープになったとか、立体感が増したとか、そんなことは感じられませんでした。まあそれでも、確実にBDP-320よりはBlu-rayプレーヤーとしても高画質なんだろうと思いますので、BDP-320は今度こそ本当に引退です。オークションに出します。

DBR-M190をBlu-rayプレーヤーとして使う際の注意点。「ディスク再生設定」で「BDビデオ副音声」を「切」にしないと、Dolby TrueHDなどのHDオーディオがそのまま出力されず、Dolby Digitalなどになってしまうことと、1080/24pにするには、「出力解像度」を必ず「最大1080p」にしておかないといけないこと。うちの環境では、1080pにすると、WTR-HDAV/Aによる無線HDMIが不安定になるので、普段は1080iに設定しており、プロジェクタで映画を見るときだけ、設定を変更するのはちょっと面倒です(特に戻し忘れ)。

2011年5月23日 (月)

聴き比べ~Back to the future編

前にPS3とBDP-320の音の聴き比べについて書きましたが、別のソースでも試してみようと思い、今度はBack to the future(DTS-HD MA)のch17の初めからch18の冒頭のヘリコプターのシーンまでで、聴き比べを行いました。

今回聴き比べたのは以下のパターンです。

  1. PS3再生 ストレートデコード
  2. PS3再生 DSP Sci-Fi
  3. BDP-320再生 ストレートデコード
  4. BDP-320再生 DSP Sci-Fi

PS3で再生すると、PS3側でのデコードとなりRX-V767にLPCMで出力されます。BDP-320で再生すると、ビットストリーム出力となりRX-V767でデコードされます。
ストレートデコードの場合は5.1ch、DSPを適用するとフロントプレゼンスを加えた7.1chとなります。今回は、フロントプレゼンススピーカーの効果も合わせて確認しました。

1は基準となる音なので、音質についてはコメントなし。ただ、このシーンは外の雷のシーンなので、ほんとならもっといろんな環境音がするはずですが、SEとしてはすごく限られた音しか入っていないことがよくわかりました。

2は1に比べて、明らかに雷の音の高さが増し、臨場感がアップ。但し、劇的変化かと言われればノー。全体の印象としては少し良くなった程度です。

3は1と比べて明らかに音が良くなったようには感じませんでした。ただ、雷の音はフロントプレゼンスなしでもだいぶ上の方からも聞こえたような気がしました。

4は2と同じで雷の高さが増しましたが、音質については3と違いはほとんど感じることはできませんでした。RX-V767ではDTS-HDにDSPをかけるとコア部分のみになってしまい、ロスレスのHDオーディオではなくなるのですが、特に音質が落ちたようには感じませんでした。

今回の聴き比べの結果をまとめると、

  • やはり、PS3によるデコードとAVアンプでのデコードに大きな差は感じられない。
  • フロントプレゼンスの効果は確かに感じられるが、なしでもそれなりに音の高さは表現されており(これはサラウンドスピーカーが高い位置に設置されていることが関係している?)、劇的な変化までとはいかない。
  • DTSコアとDTS-HDの差は、ほとんど感じられない(2chと5.1chの差は劇的だが、ロッシーとロスレスの差はそれほどでもない?Dolby TrueHDやDTS-HDの真価を発揮させるには、今のシステムじゃ無理?)。

なんか、ちょっと残念な結果でした。

2011年5月 2日 (月)

BDP-320引退計画

Blu-rayプレーヤーのBDP-320は、HDオーディオのビットストリームをしたいがために購入したのですが、現在の用途しては、Blu-ray再生とCD再生となっています。ただ、CDに関しては起動してから再生できるまでの時間がすごくかかり、ちょっとストレス。思い切ってBlu-rayとCD再生についても、PS3をメインにすることを検討しています。

まずは、Blu-ray再生に関して、BDP-320のPS3に対する優位性を確認することを始めました。画質ですが、同じソース(ダークナイト/Dolby TrueHD)を何度か交互に見てみましたが、ほとんど変わらず。そして、問題の音質ですが、BDP-320からのビットストリームをAVアンプ側でデコードするのと、PS3側でデコードしてLPCMで送るのの違いは、ほとんど感じることができませんでした。これって、どうとらえればいいのでしょうか?

  1. 大きな違いはあるのだけれど、私の耳が悪い
  2. 大きな違いはあるのだけれど、今の私のシステムではその差が表現できない
  3. PS3が優秀なので、ほとんど違いがない

1が大きいのだと思いますが、でも本人が感じないならそれはそれでOK。Blu-ray再生については、PS3で十分だと判断しました。

あとはCD再生なのですが、PS3にした場合の一番のネックは画面を見ないと操作できないこと。これについては、前の記事でPSPによるリモートプレイについて書きましたが、妻や母が使うのにはこれでもまだ不便。ディスクを入れて、ボタンを押すだけで再生できないといけません。そこで注目したのが、PS3のBDリモコン。

理想としては、現在表示されているメニューがなんだろうと、再生ボタンを押すと、今入っているディスクが再生されることだったのですが、これは無理でした。本体に電源が入っている状態で、CDを入れれば自動再生することはできる(逆に、オフの状態でディスクを入れることによって電源オンした場合やすでにディスクが入っている状態で電源オンした場合は、自動再生されないので、ディスクを入れ直す必要あり。ただ、PSPからリモートプレイで電源オンした場合は自動再生できる)ので、まあこれで良しとしますか。止めたり、曲をスキップしたりするのは、あとはリモコンでできますし。

ということで、BDP-320引退決定です。これを買ったのはちょうと1年前くらい。まだ十分に使えますので、オークションにでも出そうと思います。

2011年1月 2日 (日)

今までロスレスだと思っていた音は。。。

正月休みに入ったので、今まで観る時間がなかったプライベートライアンのBlu-rayを観たのですが、その時、衝撃の事実が判明しました。

プライベートライアンは音声はDTS-HD MAなのですが(最近のBlu-rayはDolby TrueHDよりDTS-HD MAの方が断然多いのはどうして?)、うちのAVアンプRX-V767はDTS-HD MAにDSPをかけるときは、コア部分のみのデコードになってしまうので、ロスレス音声ではなくなってしまいます。ロスレスにするには、DSPなしのストレートデコードにするしかないので、今回はストレートで鑑賞しようと思い、ストレートデコードにすると、なんと2ch再生になってしまうではないですか。

Blu-rayプレーヤーのBDP-320の設定が何かおかしいと思い、色々と調べていたら、なんと最も基本的な設定である音声出力が、HDMI出力になっていないではありませんか!マニュアルを確認してみると、音声がHDMI出力に設定されていない場合は、HDMIからはPCM 2chで出力されるとのことです(いっそ何も出力しなければいいのに)。

いつからこの設定になっていたかは定かではありませんが、RX-V767を買ってからずっとそうだった気がします。RX-V767を買って以来、数本のBlu-ray(Dolby TrueHDまたはリニアPCM 5.1ch)を観てきましたが、ロスレス音声って別にそんなに音よくないじゃん、と思っていたのです。そして、きっとスピーカーがしょぼいからだと思い、フロントスピーカーをMonitor Audio Bronze BX2に換えたのでした。今まではずっとDSPをオンにしていたので、一応5.1ch出力にはなっており、まさか入力がPCM 2chになっているとは思ってもみませんでした。

その差は歴然でした。プライベートライアンの序盤の戦闘シーンは半端なかったです。これが、ロスレスのHDオーディオの凄さなんですね。実は、部屋が震えるような低音もうちのサブウーファーのYST-SW90では出ないので、もっといいサブウーファーが欲しいなんて思っていたのですが、爆弾が爆発した時には床が振動し、その迫力に驚かされました。

今までほんと何やってたんだろうと思いましたが、ここで気づけてよかったです。これで、Blu-rayで映画を観るのがますます楽しみになりました。

2010年5月 6日 (木)

BDP-320購入

AVアンプを買ったら、HDオーディオはBlu-rayプレーヤーからビットストリームしたいなと思いますが、現在Blu-rayブレーヤーとして使用している初代PS3は、ビットストリームに対応していないので、単体プレーヤーを買うことにしました。ブレーヤーを買ったら、PS3はテレビに接続してもっと気軽にゲームができるようになるし(現在はプロジェクタに接続)。

手頃な値段で、ある程度の画質を求めるということで、PioneerのBDP-320にしました。比較を行ったわけではないので、PS3とどちらが画質がいいかはまったくわかりません(アップスケーリングの性能はPS3の方がいいらしいのですが)。ただ、ディスクのロードに時間がかかるようになったことだけは確かです。。。

AVアンプ購入に向けて、ちゃくちゃくと準備を進めています。

最近のつぶやき

無料ブログはココログ