欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« レグザサーバーのロケフリ化 | トップページ | 周波数特性の測定 その1 »

2012年10月 8日 (月)

リモコンの遅延

Vulkano flowを外出先から使うにあたっての最大の問題点は、リモコンの遅延です。特にiPhoneの3G回線からだと、Vulkanoでリモコン操作をしてから実際に反応が現れるまでに、10秒くらいかかるのです。これじゃ、過去番組表から番組を選んで再生するのは、かなりつらいです。

各条件でのリモコンの反応時間はだいたいこんな感じです。自宅内であれ、外であれ、無線LANの3,4秒というのが、無理なく使える限界です。

PC 自宅内LAN 1,2秒
iPhone 自宅内無線LAN 3,4秒
iPhone 外出先無線LAN 3,4秒
iPhone 外出先3G 10秒以上

Vulkano flowは、実際のリモコンの信号を記録して、画面上のリモコンの操作に応じて同じ信号を出す(このリモコンの事前設定がすごく面倒です。。。)ことにより、機器の操作を行います。いくら3G回線だからといってもこんなにネットワーク自体が遅延しているはずはないので、原因はおそらくバッファリングだと思われます。通信速度が遅いと最低限の品質で表示するのでも、バッファリングに時間がかかるということなのでしょう。アプリ側の実装の最適化でもう少し何とかなりそうな気がします。今後のアップデートに期待です。それとも、LTEだと無線LAN並になるのかな?

« レグザサーバーのロケフリ化 | トップページ | 周波数特性の測定 その1 »

Vulkano flow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/55831487

この記事へのトラックバック一覧です: リモコンの遅延:

« レグザサーバーのロケフリ化 | トップページ | 周波数特性の測定 その1 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ