欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« マルチchにおけるファントム | トップページ | レグザサーバーのロケフリ化 »

2012年9月11日 (火)

中華デジアンの実力

前から外部パワーアンプによるAVアンプのフロント2chの強化には興味があり、バワーイン付きのプリメインを狙っていたのですが、いろいろな事情からなかなか踏ん切りがつかず、まだ試していませんでした。 そんな折、中国製の安いデジアンがだいぶ前から流行っていることを知りました。ちょっと試してみるには、売ってつけだと思い、早速購入。エバーグリーンのDN-CGT6というやつです。(色が。。。)

まずは、CDプレーヤーに直結して音出し。ソフトはいつものカーペンターズのSACDです。出だしのピアノがふわっと浮く感じでいつもと何か違う(ような気がする)。ただそれ以降は、特に変わったようには感じられませんでした。その他にもいろいろと聞いてみましたが、あとは多少低音がしまったかな?トゥッティの迫力が増したかな?という微妙な変化レベル。もともとデシアンっぽいあっさりとした音だったということでしょうか。悪くなったということはないのでよしとしましょう。

次に、いよいよAVアンプのプリアウトとの接続。中華デジアンの方はボリューム全開にして、ボリュームはAVアンプのみで調整。まだ、映画を見ていないので、はっきりとしたことは言えないのですが、息子が見ていたプリキュアのオープニングの歌が何かすごいことに。フロントプレゼンスの効果もあってか、前面から音が迫ってくる感じ。前からこんなんだったっけなあ、というか、今までテレビのスピーカーでしか聞いたことなかった。ということで、早くダークナイトで確認してみたいです。

« マルチchにおけるファントム | トップページ | レグザサーバーのロケフリ化 »

DN-CGT6」カテゴリの記事

RX-V767」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/55628297

この記事へのトラックバック一覧です: 中華デジアンの実力:

« マルチchにおけるファントム | トップページ | レグザサーバーのロケフリ化 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ