欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« サブウーファーの交換 | トップページ | マルチchにおけるファントム »

2012年9月 2日 (日)

原因は熱暴走でした。

ここ数ヶ月、しばらく使っているとWTR-HDAV/Aの無線HDMIが切れてしまう現象が発生し、困ってました。日によって違うのですが、多いときだと10数分に1回くらいの頻度で起きてました。送信機側の電源を抜いて、また差し直すとすぐに復活することは早い段階でわかったのですが、肝心の原因については、最初は無線LANが干渉しているのではと思い(ちょうど無線LANの構成を変えたのと同じタイミングで起き始めたので)、いろいろやってみたのですが改善されず、もうあきらめかけていました。

これも最初から分かっていたことですが、送信機が使うとけっこう熱くなります。ただ、この状態でも今まで問題なく動いていたので、全然疑っていなかったのですが、まさかと思い、冷凍庫にあった保冷剤で送信機を冷やしてみました。すぐに保冷剤もぬるくなってしまうので、新しいのに定期的に取り替えること2日間。取り替え忘れて、放置してしまった時以外は、まったく問題が起きませんでした。これで確信。熱暴走が原因だったと。

ということで、恒久対策を考えました。ある程度強力に冷やす必要があるので、目を付けたのはノートPC用の冷却台。Amazonで評判のいいやつを探し、これを買いました。

こんな感じで設置。ちょっとわかりづらいですが、送信機の後ろの足を冷却台のファンの送風口のところに乗っけて、本体を少し浮かせ、本体の裏側に風が当たるようにしました。

Img_0426

電源となるUSBはDBR-M190と接続しているので、DBR-M190の電源に連動して冷却台のファンも動く仕組み。これでばっちり冷却されるようになり、無線HDMIの接続が途中で切れることが完全になくなりました。

季節による気温の変化も考えて、製品って設計するのは当たり前だと思うのですが、PS3の3Dディスプレイのクロストークの件もそうでしたが、それがちゃんとできていない製品ってけっこう多いんでしょうね。。。

« サブウーファーの交換 | トップページ | マルチchにおけるファントム »

WTR-HDAV/A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/55563751

この記事へのトラックバック一覧です: 原因は熱暴走でした。:

« サブウーファーの交換 | トップページ | マルチchにおけるファントム »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ