欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« DV-800AVとPS3 SACD聴き比べ | トップページ | フロントスピーカーのセッティング見直し »

2012年5月 2日 (水)

クラシック再生の難しさ

DV-800AVを導入して以来、ポップなどのボーカルものや、クラシックでも協奏曲とかまでであれば、かなりいい感じで聴けるようになったのですが、それでも交響曲はまだかなりいまいちな状態です。スケール感や音の厚みがまったくありません。いわゆるブックシェルフ型のスピーカーの欠点というやつでしょうか。

単純に考えると、やはり低音が足りないということなので、手っ取り早い方法はタワー型のもっと大きいスピーカーに替えることなのですが、新品で買ったものは5年は使いたいので、まだまだフロントスピーカーを買い替えるつもりはありません。別の方法を探ろうと思います。

まずは、セッティングをもっと詰める。その上で、音楽用のサブウーファーの追加を検討することにします。それでも、まだ満足いかなかったら、プリメインアンプの導入(マルチの場合はAVアンプからフロント2chをプリアウトをして、パワーアンプとして使用)をやってみたいです。

« DV-800AVとPS3 SACD聴き比べ | トップページ | フロントスピーカーのセッティング見直し »

Bronze BXシリーズ」カテゴリの記事

DV-800AV」カテゴリの記事

RX-V767」カテゴリの記事

(引退)YST-SW90」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/54614430

この記事へのトラックバック一覧です: クラシック再生の難しさ:

« DV-800AVとPS3 SACD聴き比べ | トップページ | フロントスピーカーのセッティング見直し »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ