欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« レグザサーバーインプレッション 〜Blu-rayプレーヤー編〜 | トップページ | 命名「リーズナブルリビングシアター」 »

2012年3月25日 (日)

Super HiVi Castによる映像・音声調整

前から興味はあったのですが、なかなか手を出していなかった映像調整。今までは、プロジェクタで映画を見るときは、無条件にDLA-HD1の設定を「Cinema」にしていたのですが、レグザサーバーを買って、画質のパラメータをちょっといじりだしたら、チェック用の映像が欲しくなって、Super HiVi Castを買い、映像調整を始めました。

スタート地点として、レグザサーバーの映像メニューを「ビデオ」に、DLA-HD1のイメージプロファイルを「Natural」にして、Super HiVi Castによる映像調整を一通り実施。

本当はもっと色合いとかがずれていて、調整しなければならないのかなと思っていたのですが、ほとんどデフォルトのままでOK。黒がほんの少し潰れていたので、明るさを1上げたくらい。ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、それだけDLA-HD1が、スクリーンや部屋の環境も含めて、優秀だったということで、満足な結果でした。

それよりも改善が必要だと感じたのが、やはりサラウンドスピーカーの配置です。前に書いたように、スピーカー配置を研究するために、別室にセカンダリシステムを組んだのですが、まだ満足に検証できていませんでした。そこで、音声については両方のシステムで試してみました。

今回初めていろんな方向に移動する音を再生してみて感じたのが、後方にサラウンドとサラウンドバックスピーカーが密集するリビングのメインシステムでは、後方の音の回り込みは非常にスムーズでいいのですが、横が全く抜けてしまっていて、前後の音の移動がつながっていないし、前を斜めに横切る音も全く表現できてません。逆に、ほぼ完璧な5.1ch配置になっているセカンダリシステムでは、斜めの移動はそれなりに表現できていますが、後方の回り込みは全然だめ。

5.1ch用の音声信号であれば、結果はもう少し違ってくるのかもしれませんし、そもそも前後に音の移動が正確に表現できることにどれだけの価値があるのか、映画でもサラウンドは音の移動というよりは、臨場感を高めるために使われることがほとんどだと思います。ただ、それでもこういうわかりやすい結果が出てしまうと、やっぱりリビングのサラウンドスピーカーの配置を変えたくなりました。結構な大仕事になるけど、頑張るかなー。

« レグザサーバーインプレッション 〜Blu-rayプレーヤー編〜 | トップページ | 命名「リーズナブルリビングシアター」 »

DBR-M190」カテゴリの記事

DLA-HD1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/54303957

この記事へのトラックバック一覧です: Super HiVi Castによる映像・音声調整:

« レグザサーバーインプレッション 〜Blu-rayプレーヤー編〜 | トップページ | 命名「リーズナブルリビングシアター」 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ