欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« レグザサーバーインプレッション 〜(低)画質編〜 | トップページ | HDMI連携機能 »

2012年1月26日 (木)

RZタグラーの使い心地

VAIO type X時代からの進化点として、ひとつ楽しみにしていたのが、RZタグラーによる再生の効率化です。でも、Androidの最新バージョンのRZタグラーをしばらく使ってみてわかったのは、まだまだだなということと、最初にリリースされてからだいぶ時間がたっているのに、この程度のレベルにしか達していないのかと思うと、今後もあまり期待できないのかなということ。

まず決定的に使えない部分は、一旦録画番組を通常の方法で再生してからしかタグが使えないこと。ただ、RZタグラーにはリモコン機能がついていて、やろうと思えば録画番組の再生もRZタグラーでできるので、少しは使い勝手が改善されるはずなんですが、このリモコン機能もあまり使えないのです。

RZタグラーのリモコンは、本物とほぼ同じ、ボタンがたくさんある画面が表示されるだけなので、テレビの画面を見ながら手元を見ずに操作することができないのです。普通のリモコンであれば、ボタンの凹凸の感覚で、慣れればある程度は見ずに操作できますが、ソフトのリモコンの場合にはそうはいきません。 なので、結局は普通のリモコンを使って再生する番組を選ぶことになります。そして再生が始まったら、PCなりモバイル端末なりに持ち変えて、RZタグラーを起動して、タグの検索を行い、使いたいタグを選択して、ようやくタグが使えるようになります。普通なら再生が開始したらあとは見るだけなので、その後何かをやるというのはすごく面倒で、RZタグラーは使わなくなる、というわけです。

どう考えても、まず見たい番組のタグを選んで、あとはタグから直接番組を再生できる方がいいに決まっています。使いたいタグを見つけること自体は、ランキングなりtwitterなりを使って簡単にできるのですが、そこから直接再生できないのではまったく使えません。

『誰かの「このシーン面白いよ」というtweetを見つけたら、タグへのリンクをクリックすると、RZタグラーが起動して、すぐにその部分を再生できる』

こんなこと思うのは、全録してる人だけなのかもしれません。ただ、目指すべき方向であることは間違いありません。あと、ちょっと機能を追加したら実現できますよね。東芝さん、期待してますよ。

« レグザサーバーインプレッション 〜(低)画質編〜 | トップページ | HDMI連携機能 »

DBR-M190」カテゴリの記事

(引退)VAIO type X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/53832480

この記事へのトラックバック一覧です: RZタグラーの使い心地:

« レグザサーバーインプレッション 〜(低)画質編〜 | トップページ | HDMI連携機能 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ