欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« フロントプレゼンススピーカーの追加 | トップページ | DLNAレンダラ on Linux »

2011年5月23日 (月)

聴き比べ~Back to the future編

前にPS3とBDP-320の音の聴き比べについて書きましたが、別のソースでも試してみようと思い、今度はBack to the future(DTS-HD MA)のch17の初めからch18の冒頭のヘリコプターのシーンまでで、聴き比べを行いました。

今回聴き比べたのは以下のパターンです。

  1. PS3再生 ストレートデコード
  2. PS3再生 DSP Sci-Fi
  3. BDP-320再生 ストレートデコード
  4. BDP-320再生 DSP Sci-Fi

PS3で再生すると、PS3側でのデコードとなりRX-V767にLPCMで出力されます。BDP-320で再生すると、ビットストリーム出力となりRX-V767でデコードされます。
ストレートデコードの場合は5.1ch、DSPを適用するとフロントプレゼンスを加えた7.1chとなります。今回は、フロントプレゼンススピーカーの効果も合わせて確認しました。

1は基準となる音なので、音質についてはコメントなし。ただ、このシーンは外の雷のシーンなので、ほんとならもっといろんな環境音がするはずですが、SEとしてはすごく限られた音しか入っていないことがよくわかりました。

2は1に比べて、明らかに雷の音の高さが増し、臨場感がアップ。但し、劇的変化かと言われればノー。全体の印象としては少し良くなった程度です。

3は1と比べて明らかに音が良くなったようには感じませんでした。ただ、雷の音はフロントプレゼンスなしでもだいぶ上の方からも聞こえたような気がしました。

4は2と同じで雷の高さが増しましたが、音質については3と違いはほとんど感じることはできませんでした。RX-V767ではDTS-HDにDSPをかけるとコア部分のみになってしまい、ロスレスのHDオーディオではなくなるのですが、特に音質が落ちたようには感じませんでした。

今回の聴き比べの結果をまとめると、

  • やはり、PS3によるデコードとAVアンプでのデコードに大きな差は感じられない。
  • フロントプレゼンスの効果は確かに感じられるが、なしでもそれなりに音の高さは表現されており(これはサラウンドスピーカーが高い位置に設置されていることが関係している?)、劇的な変化までとはいかない。
  • DTSコアとDTS-HDの差は、ほとんど感じられない(2chと5.1chの差は劇的だが、ロッシーとロスレスの差はそれほどでもない?Dolby TrueHDやDTS-HDの真価を発揮させるには、今のシステムじゃ無理?)。

なんか、ちょっと残念な結果でした。

« フロントプレゼンススピーカーの追加 | トップページ | DLNAレンダラ on Linux »

BOSE 161」カテゴリの記事

PS3/PSP」カテゴリの記事

RX-V767」カテゴリの記事

(引退)BDP-320」カテゴリの記事

コメント

PS3の音声出力のHDMIを自動でやっていませんか?
手動でDTS-HD Maが出力出来たと思います。
意図が違っていたら済みません。

コメントありがとうございます。
うちのPS3は初代モデルなんで、残念ながらDolby TrueHDやDTS-HDはLPCM出力しかできないんです。。。
その代わりと言っては何ですが、SACDが再生できるんで、重宝してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/51690893

この記事へのトラックバック一覧です: 聴き比べ~Back to the future編:

« フロントプレゼンススピーカーの追加 | トップページ | DLNAレンダラ on Linux »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ