欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月23日 (月)

聴き比べ~Back to the future編

前にPS3とBDP-320の音の聴き比べについて書きましたが、別のソースでも試してみようと思い、今度はBack to the future(DTS-HD MA)のch17の初めからch18の冒頭のヘリコプターのシーンまでで、聴き比べを行いました。

今回聴き比べたのは以下のパターンです。

  1. PS3再生 ストレートデコード
  2. PS3再生 DSP Sci-Fi
  3. BDP-320再生 ストレートデコード
  4. BDP-320再生 DSP Sci-Fi

PS3で再生すると、PS3側でのデコードとなりRX-V767にLPCMで出力されます。BDP-320で再生すると、ビットストリーム出力となりRX-V767でデコードされます。
ストレートデコードの場合は5.1ch、DSPを適用するとフロントプレゼンスを加えた7.1chとなります。今回は、フロントプレゼンススピーカーの効果も合わせて確認しました。

1は基準となる音なので、音質についてはコメントなし。ただ、このシーンは外の雷のシーンなので、ほんとならもっといろんな環境音がするはずですが、SEとしてはすごく限られた音しか入っていないことがよくわかりました。

2は1に比べて、明らかに雷の音の高さが増し、臨場感がアップ。但し、劇的変化かと言われればノー。全体の印象としては少し良くなった程度です。

3は1と比べて明らかに音が良くなったようには感じませんでした。ただ、雷の音はフロントプレゼンスなしでもだいぶ上の方からも聞こえたような気がしました。

4は2と同じで雷の高さが増しましたが、音質については3と違いはほとんど感じることはできませんでした。RX-V767ではDTS-HDにDSPをかけるとコア部分のみになってしまい、ロスレスのHDオーディオではなくなるのですが、特に音質が落ちたようには感じませんでした。

今回の聴き比べの結果をまとめると、

  • やはり、PS3によるデコードとAVアンプでのデコードに大きな差は感じられない。
  • フロントプレゼンスの効果は確かに感じられるが、なしでもそれなりに音の高さは表現されており(これはサラウンドスピーカーが高い位置に設置されていることが関係している?)、劇的な変化までとはいかない。
  • DTSコアとDTS-HDの差は、ほとんど感じられない(2chと5.1chの差は劇的だが、ロッシーとロスレスの差はそれほどでもない?Dolby TrueHDやDTS-HDの真価を発揮させるには、今のシステムじゃ無理?)。

なんか、ちょっと残念な結果でした。

2011年5月 3日 (火)

フロントプレゼンススピーカーの追加

前にVPSによるシネマ3Dモードの効果についての記事を書きましたが、そこでの結論は、効果がはっきりと感じられない、というものでした。それ以来、やはり所詮Virtualなので、物理的にスピーカーを追加しないと、大きな効果は得られないじゃないかと思っていたのですが、ついにフロントプレゼンススピーカーを追加しました。

Img_41621

完全にインテリア重視で、これに決めました。さすがに、リビングにこれ以上スピーカーを設置するものは、ちょっと気が引けてましたので、すこしでも目立たず、白の壁に合うものということで。やはり、高いところに設置するスピーカーはBOSEってイメージです。

設置して、AVアンプ側で設定して、音楽、映像コンテンツを再生してみましたが、一聴しただけでは、これでもシネマ3Dモードの効果はよくわかりませんでした。セリフのリフトアップについては、よーく効果がわかりました。今まであまり意識していませんでしたが、アップのシーン以外は、普通は口は画面の上の方に位置していることが多いので、本来であればかなり上の方から声がしないといけないんですね。

フロントプレゼンススピーカーの効果については、聴き比べをして、別途記事を書きたいと思います。

2011年5月 2日 (月)

BDP-320引退計画

Blu-rayプレーヤーのBDP-320は、HDオーディオのビットストリームをしたいがために購入したのですが、現在の用途しては、Blu-ray再生とCD再生となっています。ただ、CDに関しては起動してから再生できるまでの時間がすごくかかり、ちょっとストレス。思い切ってBlu-rayとCD再生についても、PS3をメインにすることを検討しています。

まずは、Blu-ray再生に関して、BDP-320のPS3に対する優位性を確認することを始めました。画質ですが、同じソース(ダークナイト/Dolby TrueHD)を何度か交互に見てみましたが、ほとんど変わらず。そして、問題の音質ですが、BDP-320からのビットストリームをAVアンプ側でデコードするのと、PS3側でデコードしてLPCMで送るのの違いは、ほとんど感じることができませんでした。これって、どうとらえればいいのでしょうか?

  1. 大きな違いはあるのだけれど、私の耳が悪い
  2. 大きな違いはあるのだけれど、今の私のシステムではその差が表現できない
  3. PS3が優秀なので、ほとんど違いがない

1が大きいのだと思いますが、でも本人が感じないならそれはそれでOK。Blu-ray再生については、PS3で十分だと判断しました。

あとはCD再生なのですが、PS3にした場合の一番のネックは画面を見ないと操作できないこと。これについては、前の記事でPSPによるリモートプレイについて書きましたが、妻や母が使うのにはこれでもまだ不便。ディスクを入れて、ボタンを押すだけで再生できないといけません。そこで注目したのが、PS3のBDリモコン。

理想としては、現在表示されているメニューがなんだろうと、再生ボタンを押すと、今入っているディスクが再生されることだったのですが、これは無理でした。本体に電源が入っている状態で、CDを入れれば自動再生することはできる(逆に、オフの状態でディスクを入れることによって電源オンした場合やすでにディスクが入っている状態で電源オンした場合は、自動再生されないので、ディスクを入れ直す必要あり。ただ、PSPからリモートプレイで電源オンした場合は自動再生できる)ので、まあこれで良しとしますか。止めたり、曲をスキップしたりするのは、あとはリモコンでできますし。

ということで、BDP-320引退決定です。これを買ったのはちょうと1年前くらい。まだ十分に使えますので、オークションにでも出そうと思います。

2011年5月 1日 (日)

自宅サーバ再編

だいぶ前から始めていたのですが、全然進んでいなかった自宅サーバの再編作業。このGW中に片を付けようとがんばっています。

事の発端は、この記事に書きましたが、DLNAサーバをリビングに新設したこと。それなら今まで自宅サーバで提供して機能の大半はこちらに移行して、今まで使っていたマシンは、Windowsのサーバにしようという計画です。どうしても、Linuxじゃ実現できない機能などがあるので、Windowsのサーバも欲しかったのです。そうすることによって、いまプリンタ/スキャナサーバとして使っている、妻の古くてファンがうるさくなってしまったマシンも廃棄することができるし。(ここで言っているサーバとは、サーバ用途で使用する基本的には常時オンで運用するマシンのことです。)

ちなみに、新Linuxサーバはこちらです。またAtomのべアボーンです。

2台のサーバには、以下の機能を持たせることにして、移行を開始しました。

[新L] 新Linuxサーバ(OS: Ferora 14)
[現L] 現Linuxサーバ(OS: CentOS 5.2)
[新W] 新Windowsサーバ(OS: Windows XP)

機能 現サーバ アプリ 新サーバ アプリ 備考
DLNAサーバ 現L mediatomb 新L mediatomb
アプリケーションサーバ 現L Apache/JBoss 4 新L
新W
Apache/JBoss 6 一部の機能はWindowsに移行
メールサーバ 現L sendmail/dovecot 新L postfix/dovecot postfixに移行
DNS/DHCPサーバ 現L bind/dhcpd 新L bind/dhcpd
VPNサーバ 現L PacketiX VPN 新W
新L
PacketiX VPN
openswan/xl2tpd
PacketiXのライセンスはOS/マシンには依存しないので、そのまま移行可能な模様
ファイルサーバ NAS windows標準 新W windows標準 データ保護は、RAIDからファイルバックアプに移行
プリンタサーバ 妻のPC windows標準 新W windows標準
スキャナサーバ 妻のPC n/a 新W n/a 正確にはサーバではなく、リモートアクセスして使用する

メールサーバとかDNSサーバとかはそうそう何度も設定するものではないので、前回どう設定していたか結構忘れてしまっていました。

sendmailはもう手に負えないので、これを機にpostfixに変更しました。OP25B対策としては、メールアカウントを持っているniftyやso-netがサブミッションポートを開放してくれているので、そこにrelayするように設定しました。

DHCPによるDNS自動更新でうまく登録されないホストがある、namedの停止時にcore dumpする、など少し問題が残っていますが、とりえあず先に進みます。

絶対にGW中に終わらせるぞ!

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ