欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« 近況報告 | トップページ | ネットワークオーディオ環境改善 その2 »

2011年4月15日 (金)

ネットワークオーディオ環境改善 その1

今回の震災で被害にあわれた方、心からお見舞い申し上げます。微力ではありますが、これからも継続して義援金などを通じて支援させていただきたいと思っています。

うちで一番大きかった被害は、買って間もないBX2/BX Centreが床に落ちて、フローリングに大きな傷ができてしまったことと、スピーカーの筐体ならびにサランネットに傷ができてしまったことくらいです。とりあえず、音の再生には何の不具合はない状態(あったとしても私の耳ではわからないレベル)です。この傷を見て、いつまでもこの震災のことを忘れないようにしたいと思います。

震災の前には、インフルエンザにかかったり、いろいろとバタバタとしていたので、また更新が滞っていましたが、書くべきことがたくさん溜まっていますので、一通り書き終えるまでは次のものは買わないと心に決めて、ここしばらくのAV/PC環境に対する変更を書いていきます。

前置きが長くなってしまいましたが、まずはネットワークオーディオ環境の改善について。PS3のDLNAによる音楽再生時に、かなりの頻度で音が途切れる問題を改善して、もっとリビングで音楽を聴けるようにしたいというのが、そもそもの発端です。

この問題は、

  1. 無線LANで接続している(うちの環境では実質的に無線LAN接続、詳しくは下記を参照)
  2. 88.2kHz以上にアップサンプリングしてHDMI出力している

と発生するようです。なぜかHDMI出力を48kHz以下にすると問題が発生しなくなります。アップサンプリングしたからといって、ネットワークに必要な帯域は変わらないはずですが、一体どんな実装をしてるんでしょうか?

せっかくPS3で再生するのでアップサンプリングは使用したいし、HDMI設定を変えてしまうとCDやSACDも48kHzで再生になってしまうので、ソースによっていちいち設定を変更しないといけません。そんなのはやってられないので、なんとか有線LANに変更できないか検討しました。

DLNAサーバである自宅サーバは、1階の妻の仕事部屋(兼私の書斎)に置いてあるのですが、そこに無線LANのアクセスポイントも置いて、2階のリビングのPS3からアクセスしていました(正確にはPS3は有線接続なのですが、その先は同じく2階の無線LANコンバータにつながっているので、1階と2階は無線LANで接続されています)。まずは2階から1階にLANケーブルを配線できないかと色々と調べました。LAN工事ドットコムのサイトを参考に、電源や電話線のコンセントのプレートを外してみたのですが、残念ながら、うちは2階の部屋間は電話線用のCD管が通っているのですが、2階と1階の間にはCD管は通っていませんでした。電気の線が通っている経路で、一緒にLANケーブルも配線できないかと、家の点検口から階段下のスペースとかに入って調べてはみたのですが、どうにも素人では無理だということが判明。見えるところに配線するのは絶対にいやだったので、2階から1階への配線は泣く泣く断念。

その2に続く。

« 近況報告 | トップページ | ネットワークオーディオ環境改善 その2 »

Bronze BXシリーズ」カテゴリの記事

PS3/PSP」カテゴリの記事

自宅サーバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76684/51395301

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークオーディオ環境改善 その1:

« 近況報告 | トップページ | ネットワークオーディオ環境改善 その2 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ