欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月24日 (日)

VPSの効果を体感!と思いきや。。。(後編)

ほんとに仕事が忙しくて、前編からだいぶ間隔が空いてしまいました。

VPSの実装方式については、あまり情報がないのですが、このレビュー記事によると、頭部伝達関数を利用しているみたいです。頭部伝達関数については全く知識がなかったので、ちょっと調べてみましたが、わかったことを簡単に書くと、音は鼓膜に届くまでに頭や耳の形などによって影響を受けており、人はその影響具合で音源の位置を判断しているらしいのです。頭部伝達関数は音源の位置から、鼓膜に届く音を割り出す関数であり、この関数が求められれば、音源の位置を自由に動かすことが可能になるのです。

VPSの場合は、その頭部伝達関数を使ってフロントプレゼンススピーカーの位置から聞こえる音を作り出し、サラウンドスピーカーからその音を出しているみたいです。そして左右の耳に、逆の耳用の仮想音が聞こえないようにセンタースピーカーからキャンセル音を出している、ということらしいです。だとすると、前編に書いたサラウンドスピーカーの角度を上に向けるというのは、全く意味がなくて、サラウンドスピーカーから出る仮想音が直接耳に届くように、耳の真横にあるのが正しい位置ということになりそうです。なので、サラウンドスピーカーの角度は元に戻しました。でも、耳よりはだいぶ高い位置にあるので、今の環境ではVPSの効果はあまり期待できないのかもしれません。

そして、D'You Know What I Meanの話に戻ると、VPSの設定をオン/オフして聴き比べて見たのですが、まったく違いがわかりませんでした。オフにしても上の方から音が聞こえるのは変わりないのです。ただ、ピュアダイレクトモードにしてシネマDSPを切った場合とは違いが感じられました。シネマDSPがなくても、上の方から聞こえるのですが、シネマDSPをオンにするとより上の方から聞こえるようになります。

現在のところの結論としては、3DモードではないシネマDSPでも、より上の方から音が聞こえるようになる効果はそれなりにあり、VPSの使用によるシネマDSP 3Dモードの効果はまだ実感できていないということです。やっぱりうちの環境じゃ、仮想じゃだめで、実際にスピーカーを設置しないといけないのでしょうか?次のスピーカーの増設は、サラウンドバックと思っていたのですが、フロントプレゼンスの方がいいのかなと思い始めています。まあ、まだ先の話ですが。。。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ