欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

VPSの効果を体感!と思いきや。。。(前編)

今日、サラウンドスピーカーの角度を少し変えました。うちの環境では、サラウンドスピーカーは天吊りしているのですが、今までリスニングポイントに向けて、結構下向きにしていました。これがVPSの効果がなかなか感じられない原因なのかなと思い、少し上向きにして、あとちょっとで天井と平行になるくらいにしてみました。

VPSはどうやらサラウンドスピーカーから音声を出して、センタースピーカーからキャンセル信号を出すことによって実現されているようなのです。だとすれば、サラウンドスピーカーが下を向きすぎていると、あまりフロントの高い位置に音が行かないのではないかと。(原理がまったく分かっていないので、とんちんかんなことを言っているのかもしれませんが。。。)

相変わらず映画を観る時間はないので、いつものようにCDをかけていたところ、OASISのBe Here NowにCDをチェンジして、1曲目。D'You Know What I Meanはヘリコプターの音から曲が始まるのですが、この音が上の方から聞こえてくるではないですか!これがVPSの効果か、やっと体感できたぞ、と喜んだのですが、その後、ちょっといろいろ設定変えて確認したところ、どうも違うようなのです。

もう寝ないとなので、続きはまた今度書きます。

2010年9月21日 (火)

RX-V767を1ヶ月使ってみて

ここしばらく仕事が忙しくなってしまって、あまり使えていないのですが、購入してから1ヶ月以上経ったので、現時点の感想を書いてみます。

前述の通り、時間があまりなかったせいで、映画は何本かしか観れてません。その代わりといっては何ですが、購入前に比べてCDやラジオで音楽を聴く機会が圧倒的に多くなりました。一番聴いているのは、カーペンターズのSACD「Singles 1969-1981」。PS3による再生で、DSPは音楽を聴くときはCellar Clubを使っています。マルチチャンネルのソースを聴く時もDSPを効かせています。DSPなしだと、音の定位はいい(各々の楽器の音が聞こえてる場所がよくわかる)のですが、全体的に乾いた音で、薄っぺらいように感じます。DSPをオンにすると、定位感は薄れる代わりに、ライブ感がぐっと増し、実際にそこで演奏がされている、歌っているような感覚が増します。通常のCDも場合も同様で、DSPオンの方が断然ライブ感があっていいです。ちなみにPS3で音楽を再生するときは、96MHzより高い周波数で出力すると、RX-V767側でDSPがかけられなくなるので、PS3のHDMIの音声出力の設定は2ch,5.1ch,7.1chとも最大96MHzに設定しています。

映画の方は、HDオーディオの作品をまだ2回しか観ていない(スパイダーマン3のリニアPCM、ダークナイトのDolby TrueHD)のでまだよく分からないのですが、はっきりとHDオーディオになって音がよくなったという感じはまだありません。ちょっと気になっているのが、HDオーディオのトラックは音量が小さくなっているようで、うちの環境では-20dbくらいにしないと台詞がよく聞こえません。CDを聴くときは-37,8くらいで十分な音量ですし、WOWOWで映画を観るときも-30db台です。現状の環境ではセンタースピーカーがインピーダンス4Ωで能率がよくないものですが、アンプ側のインピーダンスが6Ωなので、あまり音量は上げたくない(これくらいなら全然大丈夫?dbの大きさというよりは実際の音量が大きくならなければ大丈夫?)ので、これ以上はまだ大きくしたことはありません。精神的にあまりよくないので、センタースピーカーを6Ω以上の能率のもっといいものに変えようとは思っています。評価はそれからですかね。

あと、前にもちょこっと書きましたが、VPSによるシネマDSPの3Dモードですが、まだ音が上から降っているくるという感覚ははっきりとは味わえていません。一番期待していたところなので、今後スピーカーのセッティングを含めて、ここはちゃんと検証してみたいと思っています。今のところは以上です。

2010年9月 5日 (日)

サブウーファーのチューニング

サブウーファー(YST-SW90)に関して、3つの変更を行いました。

1つ目は、RCAケーブルの変更。今までは家にあったテキトーなRCAケーブル(1ピン←→2ピン)を使っていたのですが、もう少しマシなものにしようと思い、Amazonで購入しました。

はっきり言って音の違いはわかりません。安心感のためだけですね。

2つ目は、インシュレータの設置。前買って4つ余っていたaudio-technicaのAT6089CKを使いました。フロントスピーカーに使ったときと同じで、効果テキメン。音が明らかに締まりました。ベースの音がよりはっきりとわかるようになりました。

3つ目は、設置場所の変更。息子の手が届きにくくなるように、壁側にずらしました。最初は片方の側面が壁にあと少しでつっつくぐらいのところに設置したのですが、どうもこれだとサブウーファーの音が弱くなったように感じられたので、少しだけ壁から離すようにしました。

あと最後に、サブウーファーのだけの話ではありませんが、今まではケーブル類をすべてまとめて束ねていたのですが(見た目重視)、6本のケーブルを2本ずつ3組に分けました。一応電源ケーブルのノイズやケーブル間の干渉の影響を減らすためですが、これもただの気休めにすぎないでしょうね。AVアンプの電源ケーブルと操作用液晶モニタ(基本的にはオフ)のHDMIケーブル、PS3のHDMIケーブルとサブウーファーのRCAケーブル、電源タップのケーブルとテレビのアンテナケーブル、の組み合わせです。この辺は接続図のようなものがないとイメージしにくいですよね。いつかはアップしたいと思っています。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ