欲しいものリスト

  • スピーカー
    やっぱりもうちょっとフロントスピーカーのグレードを上げないとどうしようもないと思い始めてきました。。。
  • プリメインアンプ
    ピュアの世界にも少し興味が出てきました。完全に泥沼にはまっていっているような。。。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

type Xにお別れの準備

ソニーの製品の宿命というべきか、2ちゃんとかにも書かれていましたが、VAIO type Xは非常に壊れやすい製品で、私も今まで3回も修理に出して、総修理費は20万を超えてしまっています。今までの故障は、

  • 録画した番組にキーンという高周波のノイズが入る→録画基盤交換
  • 録画した番組が上下にぶれる(回転する?)→録画基盤交換
  • PCがハングする→グラボ交換
  • DVDに書き込めない→DVDドライブ交換

そしてまた複数のチューナでキーンというノイズが入る現象が出始め、1つのチューナでは我慢ならない状況になってきました。また修理に出すことも考えてみましたが、毎年修理というもやってられないので、脱type Xの生活にチャレンジしてみようと思っています。REGZAの録画だけでしばらくやってどんな感じかを試してみてから、type Xを修理に出すかは決めようと思います。

2008年9月20日 (土)

CG-NSC2100GTのDLNA

coregaのCG-NSC2100GTのDLNAサーバ機能ですが、うちでは問題なく使えています。うちにはDLNAクライアントとしては、PS3、REGZA Z3500があるのですが、両方ともCG-NSC2100GTとの組み合わせで、再生できるファイルは以下の通りとなっています。

  • MPEG2 (.mpg) ○
  • WMV ○
  • DivX (.avi) ×ファイルは認識されるが再生不可
  • MPEG4 H.264 (.mp4) ×ファイルが認識されない

私のビデオコレクションは、ほとんどが自分が録ったビデオをMPEG2にしたものなので、今のところは問題ありませんが、今後はH.264のハイビジョン映像も溜め込むかもしれませんので、そのときまでにはmp4ファイルも再生できるようになればいいですね(REGZA Z3500では絶対無理ですが)。ちなみに、DLNAの仕様だとサポートが必須になっているのは、MPEG2だけなんですね。

あと、ファイル一覧がアップデートされるのが遅いですね。ファイルを置いてもすぐにはクライアントから認識されないのです。CG-NSC2100GT側でDLNAサービスの再起動をすれば更新されるようですが、そのままだとだいぶ経たないとファイルが見えてきません(どれくらいかは計っていませんが、少なくともファイルを置いた次の日には認識されてます)。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

最近のつぶやき

無料ブログはココログ